考える人

シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

おかしなまち、おかしなたび 続・地元菓子

 毎年、歳末からお正月にかけては日本中がお餅の国になる。一昨年は三重のお餅を観察したが、昨年の晦日もまた異なるお餅に出会ったのであった。

 「これより陸奥(みちのく)」として白河の関で知られる福島県白河である。江戸時代は東北地方への要衝でもあった白河藩の城下町だけあって、町のつくりは古く和菓子店は多く、それぞれに個性と歴史があって興味深いのだが、詳述はまたにして目的は餅である。旧奥州街道の曲がり角、天神神社へと上がる坂道の入口にある小さな菓子店に、「賃餅承ります」と書いた紙が貼ってあった。賃餅とは見慣れない言葉である。

最近では「賃」という言葉もあまり聞かなくなった。お駄賃などといういいかたもしたものだったが

 サッシを開けて入った店内のガラスケースに並んでいるのはカステラや羊羹といったごく一般的な和菓子で、お餅はない。奥から出てきたご主人におそるおそる聞くと、「うちは予約だけなんです。でも少しでしたらあります、どのくらいお入り用ですか」と問われ、ふだんお餅の単位を気にしていない身としては一瞬戸惑い、一升では多いだろうし、五合かな、でも五合がはたしてどれくらいの量かとっさに想像できずにいると、見せた方が早いですねと奥へ行って実物を持って来てくれた。

 出てきたのは平たい木枠に収まった一升餅と、なまこ形の豆餅と海苔餅である。なまこ餅はできたてとみえて、海苔のよい香りがぷんぷんする。なまこ餅はねこ餅ともいって、かまぼこ形で、切ると半月形になるお餅である。主役の白餅と違って、豆や青海苔、えびなどが入ったものが多く、餅文化にひたって育っていない私にとってもおやつ気分で食べる親しいお餅である。青海苔の香りに喜んでいると、香りのいいのは青海苔餅ですが、なんといってもおいしいのは豆餅ですよとご主人はいう。

家庭でお餅を作っていた頃は一升餅もだいたいの大きさだったが、注文の品は枠にはめて作っているそうだ

 特徴的なのは豆に青豆と黒豆がある点で、市内の他の和菓子店でも白餅の他に豆餅を置いていて、断面の豆は青豆であった。近隣で採れる豆で、青肌(あおばた)豆と呼ぶそうだ。お正月の豆といえば黒豆、お餅に入れるのも黒豆と思い込んでいたが、白河では青豆が主流である。今や全国区になったずんだ餅に代表されるように、東北を旅していると豆といえば青豆で、料理に使われるのは断然青豆が多い。もうひとついえば、豆と同じく多用されるのはごまである。ここのなまこ餅にもごま入りがあった。他にもごまだれをお餅にかけたり中に入れたり、お餅にごまを利用する文化は私の知るかぎり、東北地方に多いように思われる。えごまもよく使うようだ。

 お餅が出てきたところで、表の貼り紙「賃餅」について聞くと、「昔は餅は家庭で作るものだったので、職人がその家に出向いて、餅を搗いて作る作業をして代金をもらうことを賃餅といったんです」と教えてくれる。貼り紙があるからには、今もやっているのかと驚いたら、実際に行なっていたのは昭和の初めまでで、今では言葉だけが残って、賃餅というとお餅の予約を承ります、という意味になっているという。

 「私の先々代くらいまでは、賃餅に行って、餅を作るだけでなく、うどんを打ったり、料理を拵えたりして、他のこともしたといっていました」。仕事を終えた後は依頼主の家で一緒に食事をして帰ってきたそうだ。忙しい暮れのお手伝いみたいなもので、台所仕事をあれこれ手伝って手間賃をもらって帰ってきたのだろう。「昔はそうした仕事を請け負う流しの菓子職人もいて、組合から差配されて行ったりしていました。店を構えてしまうと逆に賃餅には行きにくくなりますしね。忙しい時期にはこの店にも職人が訪ねてきたりしていましたよ」。

 今でも自家製の餅米を持ち込んでお餅にしてもらう人もいて、お店ではそういう依頼も受け付けている。賃餅の価格表には持ち込み米の加工用と予約注文用の二種類がちゃんとある。持ち込み米の加工は昔出張して作った賃餅と、予約を受けて作るようになった注文餅の中間くらいのニュアンスなのだろう。

お米のつぶつぶが口当たりのよいうるち餅。多くの地方でこれは一般的なお餅なのだろうか

 今回は青海苔と青肌豆のなまこ餅を五合ずつもらった。年明けに焼いて食べてみると、青豆のさっぱり控えめなおいしさはさることながら、お餅はなんとお米の混ざったうるち餅であった。三重でいうところのやじろ、またはこまかである。ご主人はこの点についてなにも言っていなかったが、改めて価格表の写真を確かめると、お餅の種類はお供餅とうるち餅の項目に大別されていた(そこから加工用と注文用を受け付けるのである)。つまり神様へのお供えや神事に関わるお餅は餅米だけで作り、民々が食すお餅はうるち米を混ぜたもの、という長きにわたる慣習があったのだろう。もちろんお供餅も最終的には下げてきて人がいただくのだし、今では餅米だけのお餅もふつうに食べているだろうから、賃餅と同じく名称だけのことなのだが、そこに白河の人々の古い暮らしや信仰心をみる思いがする。

 お餅とはかように地方地域によってこまかに異なっていて、行って食べてみないとわからない。いやこまめに食べても到底追いつかない存在なのであった。

この記事をシェアする

MAIL MAGAZINE

9

20

(Fri)

今週のメルマガ

初公開! 天童荒太さんの創作の舞台裏(No.785)

  2018.9.20配信 HTMLメールを表示出来ない方は こちら 9月20日更新第2回 徴兵令に […]

「考える人」から生まれた本

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

考える人とはとは

何かについて考え、それが「わかる」とはどういうことでしょうか。

「わかる」のが当然だった時代は終わり、平成も終わり、現在は「わからない」が当然な時代です。わからないことを前提として、自分なりの考え方を模索するしかありません。

わかるとは、いわば自分の外側にあるものを、自分の尺度に照らして新しく再構成していくこと。

"Plain living, high thinking"(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)*を編集理念に、Webメディア「考える人」は、わかりたい読者に向けて、知の楽しみにあふれたコンテンツをお届けします。

*産業革命後に急速な都市化が進むロンドンで、イギリスの詩人ワーズワースが書き遺した言葉。

 

 

「考える人」編集長
松村 正樹

著者プロフィール

若菜晃子

1968年神戸市生まれ。編集者。学習院大学文学部国文学科卒業後、山と溪谷社入社。『wandel』編集長、『山と溪谷』副編集長を経て独立。山や自然、旅に関する雑誌、書籍を編集、執筆。著書に『東京近郊ミニハイク』(小学館)、『東京周辺ヒルトップ散歩』(河出書房新社)、『徒歩旅行』(暮しの手帖社)、『地元菓子』『石井桃子のことば』(新潮社)、『東京甘味食堂』(本の雑誌社)、『街と山のあいだ』(アノニマ・スタジオ)他。『mürren』編集・発行人。

連載一覧

  • 津野海太郎「最後の読書」読売文学賞受賞


ランキング