シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

おかしなまち、おかしなたび 続・地元菓子

2020年1月9日 おかしなまち、おかしなたび 続・地元菓子

おかしなたび

西表島 その2

たびのきほんはあるくこと。あるいてみつけるおかしなたび。

著者: 若菜晃子

夜明け前に船で仲良川の上流へサガリバナを見に行きます。垂れた茎に房状につく花は夜咲いて、コウモリなどが媒介した後は散ってしまう一日花。早朝川面に落ちた儚い冠のような花々は集まりまた離れて、音もなく流れていくのでした。
海遊びのお供はポーポー(炮炮)。チンビン(巻餅)とともに中国菓子の影響を受けたもので、小麦粉の薄皮に油味噌や黒砂糖が入るそうですが、これは中身なしの簡略版。新潟のぽっぽ焼ともそっくり。各地で見かけるおやつです。
船浮集落のイダの浜で潜ると海中の岩にはタカラガイのアパートが。白く丸い背に山吹色の二本のラインが美しいハナビラダカラがくぼみごとに具合よく収まり、波間の光に照らされ、澄明な波に洗われ、日がな一日うつらうつらしているようでした。
丸い果実はパインではなくアダン。小さな実の集まりで、ばらけると軽く浮きやすく、浜辺に転がっているのもよく見かけます。自生地はモルジブ、スリランカからマレーシア、台湾、南西諸島まで、南の島沿いにぷかぷか海を渡ってきたのでしょう。
常夏の地では冷菓が発達。沖縄といえばブルーシールアイスですが、マンゴーや黒糖を使った『島菓子工房』の地元アイスを白浜の商店で発見(現在は石垣島に移転)。集落の最奥には小学校があって、子どもたちが元気に通学しています。
島にはバスも走っています。南の終点豊原から、亜熱帯の森が覆う山々を迂回し、中心部上原港を経て、西の終点白浜まで。白浜港からは船でしか行けない船浮集落への定期便が出ます。その不便さに守られているものも多くあります。
島では浜辺に人がいることの方がまれで、お気に入りの浜を見つけたら朝から晩まで海と戯れていることもできます。星砂の見つかる浜もあります。海は星をちりばめたように光り、浜には砂に星がひそみ、なんでこんなにきれいかなあ。
あまがしとは小豆や緑豆に押麦が入って、黒糖で甘く味付けした沖縄風ぜんざいです。本来は五月五日の節句に厄払いとして菖蒲の葉を添えて食したもので、今は夏に冷やしてかき氷をかけて食べることも。金時豆入りの缶詰も売っています。
夜は海辺で渚の音を聞きながら満天の星空を眺め、道を渡ってどこかへ出かけるヤシガニを観察し、ごはんを食べたら畳の上にひっくり返って寝るだけ。日本の西の端の島には自然と時間だけはあります。さて明日はなにをして遊ぼうか。

この記事をシェアする

MAIL MAGAZINE

「考える人」から生まれた本

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

考える人とはとは

何かについて考え、それが「わかる」とはどういうことでしょうか。

「わかる」のが当然だった時代は終わり、平成も終わり、現在は「わからない」が当然な時代です。わからないことを前提として、自分なりの考え方を模索するしかありません。

わかるとは、いわば自分の外側にあるものを、自分の尺度に照らして新しく再構成していくこと。

"Plain living, high thinking"(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)*を編集理念に、Webメディア「考える人」は、わかりたい読者に向けて、知の楽しみにあふれたコンテンツをお届けします。

*産業革命後に急速な都市化が進むロンドンで、イギリスの詩人ワーズワースが書き遺した言葉。

 

 

「考える人」編集長
松村 正樹

著者プロフィール

若菜晃子

1968年神戸市生まれ。編集者。学習院大学文学部国文学科卒業後、山と溪谷社入社。『wandel』編集長、『山と溪谷』副編集長を経て独立。山や自然、旅に関する雑誌、書籍を編集、執筆。著書に『東京近郊ミニハイク』(小学館)、『東京周辺ヒルトップ散歩』(河出書房新社)、『徒歩旅行』(暮しの手帖社)、『地元菓子』『石井桃子のことば』(新潮社)、『東京甘味食堂』(本の雑誌社)、『街と山のあいだ』『旅の断片』(アノニマ・スタジオ)他。『mürren』編集・発行人。今春『東京甘味食堂』を講談社より文庫化。

連載一覧

  • 津野海太郎「最後の読書」読売文学賞受賞


ランキング


  • ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号第6091713号)です。ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら