Webマガジン「考える人」

シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

安田菜津紀の写真日記

今帰仁村の丘から眺めた海と、桜

 国道を絶えず、巨大なダンプカーが行きかっていた。海からは金属や岩がぶつかるような音が陸地まで響く。「まるで外国の海みたいね。このフロートとか、おっきな船の群れとかがいなければ沖縄の海だけど」。土砂に埋まっていく辺野古の海を高台から見下ろしながら、案内して下さった方がもどかしそうに語った。
 沖縄では2月24日に辺野古米軍新基地建設の賛否を問う県民投票を控えている。私が訪れる直前、海外の有名アーティストが県内の基地で無料ライブを行っていたらしい。今回は基地そのものの是非を問う投票ではないにせよ、出会った20代の若者たちは「そういういいこともあるから迷うよね」と漏らしていた。「ずっと日常の中にあると、感覚がマヒしてくる」とも。若者に限らず、今の70代より下の世代は皆、生まれたときから基地と共に生きている。
 一方、全県でこの県民投票を実施しようと、ハンガーストライキを行った若者や、音楽イベントを通して気運を高めようと奔走する人々もいる。けれどもそのハンストを「テロ行為」などと誹謗中傷する言葉がネット上で散見された。「民主主義にそぐわない」と言い放つ大人がいた。あまりに視野の狭い言葉たちだと言わざるを得ない。そもそも問わなければならないのは、それしか手段がないという状況に追い込みかねない政治の在り方ではないだろうか。
 海を見下ろす丘の上では、温かな風が頬をなでる穏やかな気候の中で、早くも桜が咲き始めていた。愛おしそうにそれを見つめながら、一緒にこの地を巡って下さった方がこうつぶやいた。「基地があるより、花が咲いている方がいいね」。

田んぼには農家さんたちがコスモスを咲かせていた
君とまた、あの場所へ―シリア難民の明日―

君とまた、あの場所へ―シリア難民の明日―

安田菜津紀

2016/04/22発売

シリアからの残酷な映像ばかりが注目される中、その陰に隠れて見過ごされている難民たちの日常を現地取材。彼らのささやかな声に耳を澄まし、「置き去りにされた悲しみ」に寄り添いながら、その苦悩と希望を撮り、綴って伝える渾身のルポ。

この記事をシェアする

MAIL MAGAZINE

9

20

(Fri)

今週のメルマガ

初公開! 天童荒太さんの創作の舞台裏(No.785)

  2018.9.20配信 HTMLメールを表示出来ない方は こちら 9月20日更新第2回 徴兵令に […]

「考える人」から生まれた本

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

考える人とはとは

何かについて考え、それが「わかる」とはどういうことでしょうか。

「わかる」のが当然だった時代は終わり、平成も終わり、現在は「わからない」が当然な時代です。わからないことを前提として、自分なりの考え方を模索するしかありません。

わかるとは、いわば自分の外側にあるものを、自分の尺度に照らして新しく再構成していくこと。

"Plain living, high thinking"(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)*を編集理念に、Webメディア「考える人」は、わかりたい読者に向けて、知の楽しみにあふれたコンテンツをお届けします。

*産業革命後に急速な都市化が進むロンドンで、イギリスの詩人ワーズワースが書き遺した言葉。

 

 

「考える人」編集長
松村 正樹

著者プロフィール

安田菜津紀

1987年神奈川県生まれ。NPO法人Dialogue for People(ダイアローグフォーピープル/D4P)所属フォトジャーナリスト。同団体の副代表。16歳のとき、「国境なき子どもたち」友情のレポーターとしてカンボジアで貧困にさらされる子どもたちを取材。現在、東南アジア、中東、アフリカ、日本国内で難民や貧困、災害の取材を進める。東日本大震災以降は陸前高田市を中心に、被災地を記録し続けている。著書に『写真で伝える仕事 -世界の子どもたちと向き合って-』(日本写真企画)、他。上智大学卒。現在、TBSテレビ『サンデーモーニング』にコメンテーターとして出演中。

連載一覧

対談・インタビュー一覧

イベント


ランキング

イベント

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき