考える人

シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

おかぽん先生青春記

 ボブの研究室で1年半が過ぎた頃だった。トムは相変わらず小さないたずらを周囲に仕掛けながらも、着実に研究を進めていた。僕も英語がまあまあ通じるようになり、小鳥の聴覚測定で興味深い成果が出てきており、最初の論文がまとまりそうな段階だった。でもシンディはしばらく前に研究室を去っていた。送別会も何もなく。ボブによると、研究者としてやっていく自信がなくなってしまい、進路を考え直すということだった。米国の大学院ではよくあることだ。
 向かいのゴラブ教授の研究室に、新入生が入ってきた。ゴラブ教授のラボは、ハトをオペラント条件づけして、ボタンをつつくとエサが出ることを学習させ、多様な薬物を投与して、ボタンをつつく行動がどう変容するかを調べていた。行動薬理学と言われる分野である。ゴラブ教授は私が卒論生だったころ慶応大学を訪問してきたこともあり、親しくしてもらっていた。
 ゴラブ教授のところの新入生はスーザン・ブラウンと言った。米国の大学院生の20%はスーザン・ブラウンだと本人が自虐的に言っていた。頭の良さげな名前なのである。でもスーザンは、いつも少し不満そうな顔をしながら、実験用のハトを持って向かいの研究室に出入りしていた。スーザンは今の女優で言うとレイチェル・マクアダムス(きみに読む物語、アバウト・タイムなど)に似ているかわいい人だったが、基本不機嫌そうなので、軽く挨拶する程度であった。
 「あの娘はいつも不幸そうだ。研究に興味が持てないに違いない。きっと近いうちに俺のラボに移籍してくるぞ」とボブは言う。ポジティブ思考な男は、僕は苦手だ。まさかと思ったが、半年後、スーザンはボブのラボに移籍してきた。スーザンは、シンディが置き去りにしてしまった研究を継ぐことになった。セキセイインコの鳴き声が、セキセイインコ自身にとってどのように聞こえるかを調べる研究である。
 インコが右側のボタンを押すと、インコの鳴き声が2つ、再生される。これらが異なる音だった場合(例:キー、ピュル)、インコは左側のボタンをつつくとエサをもらえる。同じ音であった場合(例:ピュル、ピュル)、インコはそのまま2秒待たねばならない。待てずに左側のボタンをつつくと、実験箱の中は16秒間暗闇になる。ちゃんと2秒待つと再び右側のボタンを押すことができる。このように訓練すると、とても異なる2つの音だとすぐ反応するが、とても似ている音だとなかなか反応しないようになる。すぐに反応すれば2に近い数字になり、反応しなければ(2秒待てば)0になる。つまり、2秒から反応時間を引いた値がそのインコにとっても音の類似度になる。これを手がかりに、インコにとっての鳴き声地図が作れる。
 なかなかよく考えられた実験である。この手法は、僕がボブのラボに入る前に、ボブとシグという名前の計量心理学者とで考え、制御プログラムは工学部の学生を雇ってFORTRANで書いた。結果は多次元尺度構成法という方法で、音の類似度に応じて鳴き声を配置した。多次元尺度構成法を簡単に言うと、たとえば世界地図から主要な都市どうしの距離を測り、距離データだけをもとにして都市の配置を再構成するような方法である。
 スーザンはこの研究に非常に興味を持ち、すぐに研究室に適応した。それまでとは違い、表情が柔らかくなった。ゴラブ教授が悪いのではなく、本人の興味と研究室のテーマが合わなかっただけである。スーザンはそもそも、音声の研究をしたかったのだが、そのような研究室がすぐそばにあることを知らず、行動の研究室としてゴラブ教授のところに入ってしまったのである。
 スーザンは時折バイオリンケースを抱えて来ていた。聞けば、地元のオーケストラで第一バイオリンを弾いているとのことであった。音声の研究に興味があって当然である。スーザンはインディアナ州のパデュー大学を卒業した後、生物心理学の勉強をしたくて、メリーランド大学に来たということだった。そもそも実家がメリーランドにあるということも理由のひとつであったようだ。
 以上のことを知るまで、半年ほどの時間が必要だった。研究室に適応することはできても、個人的な話は特にせず、彼女にとって当面は研究とバイオリンなのだった。僕自身も、スーザンのことを少しこわいと思っていたので仕方がない。
 仲良くなってきたきっかけは、スーザンが大学院生用のアパートに越してきてからである。僕はレッドスキンハウスを1年半で出て、すでにそのアパートに住んでいた。とはいえ、全部で450室もある巨大なアパートだったので、偶然会う機会もなかったのだ。ところが、ハローウィンのカボチャランタンを作ろうと、スーザンは僕に声をかけてくれた。彼女のアパートに行ってみると、すでに数人の男女がカボチャランタンを作っていた。呼ばれているのは僕だけではないとは思っていたが、少しがっかりしたことは確かだ。
 ご近所さんになってからは、スーザンと僕は個人的な話も時折するようになった。僕が実験中に読んでいる本を見て、それは面白そうだから終わったら貸してくれと言う。Tom Robbinsという作家のJitterbug Perfumeという小説だった。カート・ヴォネガットと村上春樹の両方の特徴をもっているようなスタイルで、僕は好みだった。僕はもちろん急いで小説を読み、スーザンに貸した。そしてその本について語り合う会をしようということになった。このようにして、留学中の僕の、新たな喜びと悲しみが始まった。

この記事をシェアする

MAIL MAGAZINE

9

20

(Fri)

今週のメルマガ

初公開! 天童荒太さんの創作の舞台裏(No.785)

  2018.9.20配信 HTMLメールを表示出来ない方は こちら 9月20日更新第2回 徴兵令に […]

「考える人」から生まれた本

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

考える人とはとは

何かについて考え、それが「わかる」とはどういうことでしょうか。

「わかる」のが当然だった時代は終わり、平成も終わり、現在は「わからない」が当然な時代です。わからないことを前提として、自分なりの考え方を模索するしかありません。

わかるとは、いわば自分の外側にあるものを、自分の尺度に照らして新しく再構成していくこと。

"Plain living, high thinking"(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)*を編集理念に、Webメディア「考える人」は、わかりたい読者に向けて、知の楽しみにあふれたコンテンツをお届けします。

*産業革命後に急速な都市化が進むロンドンで、イギリスの詩人ワーズワースが書き遺した言葉。

 

 

「考える人」編集長
松村 正樹