Webマガジン「考える人」

シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

「京都」一覧

御つくりおき――京都のひととモノとのつきあいかた――
  • くらし
  • こころ
  • エッセイ

最終回 比良の「中川木工芸」さんに暮らし……

 「こんなもんできたんですけど、これ、なんでしょう?」  自然木の丸太に鉈(なた)を充てがい槌(つち)で叩いて […]

御つくりおき――京都のひととモノとのつきあいかた――
  • くらし
  • こころ
  • エッセイ

25 丹波の作陶家、前野直史くんにスリッ……

 ツレがめでたく年金を総額受給され、すべての老人福祉サービスを受けられる65歳を迎えました。ちょっとお祝いした […]

おかしなまち、おかしなたび 続・地元菓子
  • たべる
  • くらし
  • エッセイ

お嫁さん煎餅

京都舞鶴

 地方では今もお嫁入りの際に、お祝いに訪れた親戚や近所の人たちに配る祝い菓子の風習が残っている。例えば四国香川 […]

御つくりおき――京都のひととモノとのつきあいかた――
  • くらし
  • こころ
  • エッセイ

24 一緒になって20年。記念ケーキを錦……

 2018年の帰国時、チケットを予約した瞬間からわたしはツレに宣言していました。「今回の血糖値はすべて『オ・グ […]

御つくりおき――京都のひととモノとのつきあいかた――
  • くらし
  • エッセイ

23 紫野の一閑張「夢一人」で120年前……

「茶匣(ばこ)組みましょうよ。茶匣。おもろいですよ」  悪魔のような囁きを吹き込んだのは、わたしが京都で根城に […]

御つくりおき――京都のひととモノとのつきあいかた――
  • くらし
  • こころ
  • エッセイ

22 帽子、鞄、靴。ブランドでは手に入ら……

 ハゲにとって帽子は髪です。ただのハゲ隠しではありません。個人的にはいい歳してレゴの人形みたいにみっちり頭髪が […]

御つくりおき――京都のひととモノとのつきあいかた――
  • くらし
  • エッセイ

21 「いますぐここでお薄一服」したくて……

 何年くらい前でしょうか。旬のパティスリーをいち早く紹介してくれることで定評のあるパリ、ギャラリー・ラファイエ […]

御つくりおき――京都のひととモノとのつきあいかた――
  • くらし
  • エッセイ

20 河原町五条の茶筒司「開化堂」で掛け……

 大好きな言葉に【用の美】があります。思想家の柳宗悦やなぎむねよしが提唱した民藝運動のなかから誕生した理念です […]

御つくりおき――京都のひととモノとのつきあいかた――
  • くらし
  • エッセイ

11 40年来のお付き合い。知恩院前「一……

 改めて指折り数えてみると、なんだか怖くなる。たぶん「一澤帆布」さんは、わたしが一番長くお付き合いさせてもらっ […]

御つくりおき――京都のひととモノとのつきあいかた――
  • たべる
  • くらし
  • エッセイ

08 京の味をロンドンでも再現したくて、……

 日本には節目節目に決まったものを食べる習慣がたくさんあります。お節の数々に始まり、1月7日の七草粥、鏡開きの […]

御つくりおき――京都のひととモノとのつきあいかた――
  • からだ
  • くらし
  • エッセイ

07 視力そのものでもあるような快適な眼……

「御つくりおき」というとハードルが高そうなイメージがあります。けれど普段あまり意識していないだけで結構たくさん […]

御つくりおき――京都のひととモノとのつきあいかた――
  • たべる
  • くらし
  • こころ
  • エッセイ

06 ありそうでなかった台所道具を、高台……

「縁は異なもの味なもの」とか申しますが、いまはまるで一緒に暮らす仲間のような我が家の道具たちとの出会いも様々で […]

御つくりおき――京都のひととモノとのつきあいかた――
  • 思い出すこと
  • くらし
  • こころ
  • エッセイ

05 コロンビアロード花市場で花結い師T……

 うちの実家は西陣の髪結いでした。けれど紺屋の白袴(しろばかま)と申しましょうか、わたしは髪を染めたこともパー […]

御つくりおき――京都のひととモノとのつきあいかた――
  • くらし
  • たべる
  • エッセイ

04 死ぬまで使うお茶碗を清滝「テラ」の……

 お茶碗を買い替えました。この連載の1回目で書いたようにツレのものは少々口を欠いていたけれど、なんの不都合があ […]

御つくりおき――京都のひととモノとのつきあいかた――
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

03 なんちゃって茶会のお菓子を桂の中村……

 茶の湯は奇妙な世界です。洛中の職人街で堺の商人が完成させた文化は、公家ではなく武士の教養として発達しながら、 […]

御つくりおき――京都のひととモノとのつきあいかた――
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

02 ゲイパレードで歩くための浴衣を、裏……

 PRIDEは毎年6月末から7月頭にかけて、いずれかの週末に行われる同性愛者(LGBT)のパレード。ゲイやレズ […]

御つくりおき――京都のひととモノとのつきあいかた――
  • くらし
  • エッセイ

01 英国、コーニッシュウェアのティーポ……

 最初に直面した離婚の危機でした。  英国人のツレにとって器というものは食事のためのツールでしかなく、言えども […]

随筆 小林秀雄
  • ことば
  • 思い出すこと
  • エッセイ

九 「原始」について

 人間にとって、「あたりまえ」とは何かを知って、「あたりまえ」に還れ、それが人生いかに生きるべきかを考えるため […]

自由と不自由のあいだ
  • まなぶ
  • 対談

リベラルアーツの意義

すぐに役立つものは、すぐに役立たなくなる 猪木 宇野先生は、今回の対談の冒頭で、本書を「教養論」でもあると評さ […]

考える四季
  • ことば
  • くらし
  • 世の中のうごき
  • 思い出すこと
  • エッセイ

カウチサーフィンが開く出会いの扉

 昨年九月、インターネットを通じて一人のベルギー人女性から連絡をもらった。  「亡き祖父に、日本の女性との間に […]

MAIL MAGAZINE

9

20

(Fri)

今週のメルマガ

初公開! 天童荒太さんの創作の舞台裏(No.785)

  2018.9.20配信 HTMLメールを表示出来ない方は こちら 9月20日更新第2回 徴兵令に […]

「考える人」から生まれた本

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

考える人とはとは

何かについて考え、それが「わかる」とはどういうことでしょうか。

「わかる」のが当然だった時代は終わり、平成も終わり、現在は「わからない」が当然な時代です。わからないことを前提として、自分なりの考え方を模索するしかありません。

わかるとは、いわば自分の外側にあるものを、自分の尺度に照らして新しく再構成していくこと。

"Plain living, high thinking"(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)*を編集理念に、Webメディア「考える人」は、わかりたい読者に向けて、知の楽しみにあふれたコンテンツをお届けします。

*産業革命後に急速な都市化が進むロンドンで、イギリスの詩人ワーズワースが書き遺した言葉。

 

 

「考える人」編集長
松村 正樹