Webマガジン「考える人」

シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

おかしなまち、おかしなたび 続・地元菓子

 地方では今もお嫁入りの際に、お祝いに訪れた親戚や近所の人たちに配る祝い菓子の風習が残っている。例えば四国香川の西讃地方では、おいりという、彩り美しい丸い玉形をした花嫁菓子が作られている。餅米を搗いて裁断し乾燥させたものを煎って膨らませた軽い米菓子で、お米が貴重だった時代は晴れの日にふさわしい贅沢なお菓子だったのだろう。丸い形には心を丸くしてまめまめしく働きますという意味も込められている。四国では他にも、ふやき、パン豆といった米菓子が祝い菓子として用いられている。

 京都の日本海側、舞鶴で出会った婚礼の祝い菓子はお煎餅であった。瓦煎餅や玉子煎餅と呼ばれる、小麦粉と玉子と砂糖の入った甘く香ばしい小麦煎餅で、町角のミニスーパーのお菓子の棚には、「お嫁さん煎餅」や「寿煎餅」、「花嫁おせん」などという名で、いろいろな形の煎餅がたっぷり入った袋が並んでいる。一見したところ、ふだんのおやつに食べるような昔ながらの小麦煎餅で、香川のおいりのように明るく晴れがましい特別感はない。舞鶴ではなぜこうした煎餅をお嫁さん煎餅と呼んでいるのだろうか。

さまざまな形の小麦煎餅が入ったお嫁さん煎餅

 ミニスーパーの女の人は、「お嫁さん煎餅は、舞鶴、高浜、宮津、福井など海沿いの地域でしますね。あとは福知山とか。私がお嫁に来たときも娘がお嫁に行ったときも近所の人に配りました。昔は家からお嫁入りの支度をして出しましたから、お祝いに来てくれた近所の人に配りましたけど、今はホテルで結婚式をしますから、袋詰めにしたものを引き出物に付けたりしますね。お嫁さん煎餅はお煎餅としておいしいから、お店で買ってふつうに食べるお年寄りもいますよ」と言う。

現在は結婚式の引き出物に添えて渡されることが多いという

 お煎餅の種類はさまざまで、磯玉川は丸い煎餅に海苔と白砂糖をかけたもの、七宝は丸い煎餅の縁に白砂糖を四ヶ所かけたもの、生姜は丸い煎餅を二つ折りにして生姜砂糖をかけたもの、ピーナッツやゴマ入りのものなどの他に、どの袋にも必ずお嫁さんの焼き印がついたお煎餅が入っている。

この袋には炭酸煎餅も入っていた

 袋の裏書きにあった製造元を訪ねてみると、女性の店主がお話を聞かせて下さった。「私がお嫁に来た当時は、お煎餅はバラで配っていたので、一斗缶にどっさり入れて用意してあって、お祝いに来てくれる人に手づかみでどんどん渡していきました。それを皆、割烹着とかエプロンにいっぱい入れて帰るんです」と言う。そして「こんなして」と、ご自分のつけているエプロンの先をつまんで実演してみせてくれる。花嫁菓子は、ごく親しい隣近所に対しての気軽なご祝儀だったのだろう。なにしろお煎餅だし軽いから、風呂敷代わりにエプロンに入れて家に帰って、子どもたちやおじいちゃんおばあちゃんと食べたのだろう。お祝いごとらしく、充分ににぎにぎしく、なんだか楽しそうではないか。

 しかしなぜそれが婚礼用に作られる特別なお菓子ではなく、小麦煎餅というごく一般的なお菓子だったのだろうか。

 今ではお煎餅といえばお米でできた米煎餅だが、古くは小麦粉でできた小麦煎餅であった。特に西日本では、平安時代に京都の朝廷に唐菓子が伝わった頃からお菓子に小麦粉を使っており、煎餅といえば小麦煎餅であり、現在でも京都から山陰にかけて、あるいは紀伊半島、または神戸、大阪は玉子煎餅、瓦煎餅文化圏である。ただ、そうした文化にあっても、玉子と砂糖をふんだんに使った、洋風とも和風ともいえる甘いお煎餅は、庶民にとってなかなか口に入らない高級なお菓子であったはずだ。だからこそ舞鶴や海沿いの周辺地域では小麦煎餅が花嫁菓子として使われたのだろう。

お煎餅の種類はさまざまだが、花嫁の焼き印煎餅だけは袋に必ず入っている

 女性店主は福井の武生近くの出身で、地元の花嫁菓子はお煎餅ではなくおまんじゅうだったそうだ。中はこしあんの紅白まんじゅうで、「こんなで」と、今度はこんもりした大きめのおまんじゅうの形を手でしてみせてくれる。家によっては餅投げもしたという。餅投げは愛知や和歌山などでもみられる風習で、お嫁さんが婚家に入ったときに二階から投げる。投げるお餅は小さめの紅白餅である。「私が子どもの頃は、お嫁さん来たから見に行こと言って、よく行きました。餅を拾いに行くのか、お嫁さん見に行くのかわからんでしたけど」と笑っている。

「昔はお煎餅屋さんも市内に三十軒くらいありましたけど、今は三軒ほどです。今でも個人の方から婚礼のご注文はいただきますが、だんだんそういう風習もなくなってきて、寂しいですよね」。

磯玉川の砂糖衣は清流のさまを絶妙に表す

 古い文献を読んでいると、昭和の初め頃までは、都会をのぞけば地方の村ごと地域ごとの社会が機能しており、日々の生活を通して人々は助け合い、産業を守り、文化を継いでいっている。そして厳しく質素な暮らしのなかで特別なハレの日としてお祭りやお祝いごとを楽しむ。土地柄を反映した花嫁菓子の風習も、そうした小さな地域で連綿と続けられてきたのだろう。

 今では失われつつある花嫁菓子の風習だが、お祝いの日でなくとも、地元の菓子店に少しだけ並び、聞かれれば女の人たちが自分のお嫁入りのときのことを目を輝かせて語り、その味を懐かしいものとしていつまでも愛しているようすは、やはり好ましい。

この記事をシェアする

MAIL MAGAZINE

7

12

(Thu)

今週のメルマガ

岡田利規作・演出の『NO THEATER』を観た! 惚れた! (No.776)

7月12日更新 Vol.10 学びの円環 ドミニク・チェン 7月10日更新 夢見るサルレーダー 松原始 7月9 […]

「考える人」から生まれた本

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

考える人とはとは

何かについて考え、それが「わかる」とはどういうことでしょうか。

「わかる」のが当然だった時代は終わり、平成も終わり、現在は「わからない」が当然な時代です。わからないことを前提として、自分なりの考え方を模索するしかありません。

わかるとは、いわば自分の外側にあるものを、自分の尺度に照らして新しく再構成していくこと。

“Plain living, high thinking”(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)*を編集理念に、Webメディア「考える人」は、わかりたい読者に向けて、知の楽しみにあふれたコンテンツをお届けします。

*産業革命後に急速な都市化が進むロンドンで、イギリスの詩人ワーズワースが書き遺した言葉。

 

 

「考える人」編集長
松村 正樹

著者プロフィール

若菜晃子

1968年神戸市生まれ。編集者。学習院大学文学部国文学科卒業後、山と溪谷社入社。『wandel』編集長、『山と溪谷』副編集長を経て独立。山や自然、旅に関する雑誌、書籍を編集、執筆。著書に『東京近郊ミニハイク』(小学館)、『東京周辺ヒルトップ散歩』(河出書房新社)、『徒歩旅行』(暮しの手帖社)、『地元菓子』『石井桃子のことば』(新潮社)、『東京甘味食堂』(本の雑誌社)、『街と山のあいだ』(アノニマ・スタジオ)他。『mürren』編集・発行人。

連載一覧


ランキング

イベント

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき