Webマガジン「考える人」

シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

おかしなまち、おかしなたび 続・地元菓子

2019年7月18日 おかしなまち、おかしなたび 続・地元菓子

おかしなたび

飯田 その1

たびのきほんはあるくこと。あるいてみつけるおかしなたび。

著者: 若菜晃子

長野県の飯田は南アルプスと中央アルプスの谷間の伊那谷に位置する南信州の中心都市。街を流れる天竜川は長野の諏訪湖を発し、静岡で太平洋に流れ込みます。川に沿って走るのはJR飯田線。山の人にとって飯田は登山口の街。
街には商店街が幾筋もあり、ぶらぶらと歩いているだけで和菓子店が次々に現れます。飯田は飯田藩の城下町だったこともあるのでしょう。と、そこにひときわめだつ看板が。「なんてったって赤飯万十」。裏には「内祝のおくばりに」の文字。
正体はこのようなまんじゅうでした。お赤飯を小麦粉の皮で包んで蒸かした祝い菓子で、飯田では古くから作られていたとか。小豆入り赤飯をまんじゅうにするなど贅沢の極みだったはず。紅白ではありませんが新潟の弥彦でも見かけます。
飯田藩の御用菓子司だった『和泉庄』のきんつばは太鼓形で、皮は薄くあんはぎっしり。東京銀座の歌舞伎座の実演販売「いろはきんつば」の製造元です。演劇学者河竹繁俊が飯田の出身だったご縁だそうで、銀座のお菓子に飯田で出会う不思議。
軽自動車がトランクを開けて並んでなにやら作業中。ガソリンスタンド? 銀行のATM? と思いきや、なんと精米機の並ぶ精米所でした。奥には籾殻タンクも。飯田では個人で米作りをする家が多いのか、初めて見るものが多い街。
「コメマメ低温倉庫」をもつ米麦雑穀飼料店の貼り紙に釘付けに。幼い頃、庭に来るキジバトに鳩えさをあげていましたが、「まいろ」は入っていなかったような。そういえば鳩えさも見かけなくなったなあ。鳥えさの下は人間用の穀類リスト。
もうひとつ、街でよく見るのはりんご。果物王国長野の代表選手、最近はシナノの名を冠した品種も増えました。飯田ではりんごの創作菓子もいろいろ。ちなみに駅もりんごがモチーフ、市の施設にはりんご庁舎の別名。りんご形なのかな。
そして山都に欠かせないのは栗のお菓子。木曽の中津川が有名ですが飯田にもあり。おせち料理の栗入り芋きんとんではなく、新栗だけで作られ、栗そのものの味を堪能できる栗きんとんは、一度食べると忘れがたく毎年食べたくなります。
夕暮れどきの飯田の街はとても静か。かといって寂しいわけではなく、穏やかな昭和の名残をたたえています。街で見つけるお菓子も昔ながらの正統和菓子が多いのです。なにもかも新しく変わらなくてもいいじゃないですか。

この記事をシェアする

MAIL MAGAZINE

9

20

(Fri)

今週のメルマガ

初公開! 天童荒太さんの創作の舞台裏(No.785)

  2018.9.20配信 HTMLメールを表示出来ない方は こちら 9月20日更新第2回 徴兵令に […]

「考える人」から生まれた本

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

考える人とはとは

何かについて考え、それが「わかる」とはどういうことでしょうか。

「わかる」のが当然だった時代は終わり、平成も終わり、現在は「わからない」が当然な時代です。わからないことを前提として、自分なりの考え方を模索するしかありません。

わかるとは、いわば自分の外側にあるものを、自分の尺度に照らして新しく再構成していくこと。

"Plain living, high thinking"(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)*を編集理念に、Webメディア「考える人」は、わかりたい読者に向けて、知の楽しみにあふれたコンテンツをお届けします。

*産業革命後に急速な都市化が進むロンドンで、イギリスの詩人ワーズワースが書き遺した言葉。

 

 

「考える人」編集長
松村 正樹

著者プロフィール

若菜晃子

1968年神戸市生まれ。編集者。学習院大学文学部国文学科卒業後、山と溪谷社入社。『wandel』編集長、『山と溪谷』副編集長を経て独立。山や自然、旅に関する雑誌、書籍を編集、執筆。著書に『東京近郊ミニハイク』(小学館)、『東京周辺ヒルトップ散歩』(河出書房新社)、『徒歩旅行』(暮しの手帖社)、『地元菓子』『石井桃子のことば』(新潮社)、『東京甘味食堂』(本の雑誌社)、『街と山のあいだ』(アノニマ・スタジオ)他。『mürren』編集・発行人。

連載一覧


ランキング

イベント

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき