Webマガジン「考える人」

シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

おかしなまち、おかしなたび 続・地元菓子

2019年10月3日 おかしなまち、おかしなたび 続・地元菓子

おかしなたび

稚内 その1

たびのきほんはあるくこと。あるいてみつけるおかしなたび。

著者: 若菜晃子

日本最北端の町として知られる稚内からは礼文島、利尻島への船が就航しています。花の美しい礼文、海上に峻峰浮かぶ利尻。さらに北方の地サハリン島へも、夏の間定期航路が開かれていることはあまり知られていません(2019年は休航)。
北海道を旅すると必ず目に入るべこ餅。黒糖を使った木の葉型の米粉餅ですが、礼文島では渦巻模様でササの葉にのっていました。名の由来は形が牛(べこ)の形あるいは模様に似ているからなど諸説あり。「べこ餅の粉」も売っています。
町の商店街の店名はなんとロシア語と日本語の併記。サハリンが樺太だった時代から、時を経て、今は両国ともに市井の人たちは隣人としてごく平穏に交流しているように思われます。そのことがいちばん大切なのではないでしょうか。
窓が小さく壁が厚く煙突のついた四角い集合住宅にも、最北の地の厳寒対策がしのばれます。それは以前ロシアのカムチャツカで見た、ずらりと林立するソ連時代のアパートに酷似しているのでした。その深閑とした静けさも。
駅近くの「食品館あいざわ」は稚内の食を体感できる地元スーパー。入口に立つ二宮金次郎像は背に薪ではなく手に砂糖大根(ビーツ)が! やせた凍土でも育つビーツは鉄分豊富で優良な食料だったのでしょう。開墾の苦労にしばし沈黙。
あんドーナツも定番です。道内の地元菓子にはあんぱんや羊羹などあんこものが多く、小豆+砂糖という高カロリー食がかつての過酷な生活環境を支え、そこに油という最強の助っ人が加わって、今も不動の人気を誇るのではと愚考します。
百年以上続く町の菓子店「かしわぎ」の包装には独自の風格が漂い、カニを模した最中や煎餅、おまんじゅうなどつい箱買いしたくなります。稚内のお店ではお釣りの端数をおまけしてくれたりして、昔ながらの互助文化も感じます。
明治期に開拓民として北海道へ入植したのは東北だけでなく、新潟や富山、広島や徳島など各地の人々でした。そのふるさとの名残が道内の古いお菓子には感じられるのが特徴です。でも洋菓子はちょっと昭和でキッチュなのがお好みのようす。
町の背後の丘陵からは海と町を一望できます。港の船も見えています。快晴の日は利尻、礼文、サハリンまで見えるとか。稜線には開基百年記念塔があり、内部は北方記念館になっています。足元ではエゾツツジが風に揺れています。

この記事をシェアする

MAIL MAGAZINE

9

20

(Fri)

今週のメルマガ

初公開! 天童荒太さんの創作の舞台裏(No.785)

  2018.9.20配信 HTMLメールを表示出来ない方は こちら 9月20日更新第2回 徴兵令に […]

「考える人」から生まれた本

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

考える人とはとは

何かについて考え、それが「わかる」とはどういうことでしょうか。

「わかる」のが当然だった時代は終わり、平成も終わり、現在は「わからない」が当然な時代です。わからないことを前提として、自分なりの考え方を模索するしかありません。

わかるとは、いわば自分の外側にあるものを、自分の尺度に照らして新しく再構成していくこと。

"Plain living, high thinking"(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)*を編集理念に、Webメディア「考える人」は、わかりたい読者に向けて、知の楽しみにあふれたコンテンツをお届けします。

*産業革命後に急速な都市化が進むロンドンで、イギリスの詩人ワーズワースが書き遺した言葉。

 

 

「考える人」編集長
松村 正樹

著者プロフィール

若菜晃子

1968年神戸市生まれ。編集者。学習院大学文学部国文学科卒業後、山と溪谷社入社。『wandel』編集長、『山と溪谷』副編集長を経て独立。山や自然、旅に関する雑誌、書籍を編集、執筆。著書に『東京近郊ミニハイク』(小学館)、『東京周辺ヒルトップ散歩』(河出書房新社)、『徒歩旅行』(暮しの手帖社)、『地元菓子』『石井桃子のことば』(新潮社)、『東京甘味食堂』(本の雑誌社)、『街と山のあいだ』(アノニマ・スタジオ)他。『mürren』編集・発行人。

連載一覧


ランキング

イベント

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき