シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

村井さんちの生活

 わが家の双子(二卵性)は、それぞれの特性に合わせて、別の塾に通っている。普段は同じ曜日にそれぞれクラスがあるのだが、ここのところ一ヶ月ほどは、コロナ禍が原因のスケジュール変更が相次いで、ひとりが塾、もうひとりが在宅というパターンも増えた。先日は、次男だけが夜間の補講に参加し、長男は在宅で、そのうえ、夫も早めに帰宅しているという珍しい日だった。

 珍しいことなので、特別なことでもしなくちゃいけないような気持ちになって、三人で映画を観ることにした。長男は夫の影響を受け、ホラー映画が大好きだ。一緒に映画を観ようよと誘うと、長男はうれしそうに、「いいよ、ホラーにしよう」とすぐに乗り気になった。

 長男は、大人しくて穏やかで、反抗することも滅多にない(ただし、次男とチームを組んで文句を言う時はたまにある)。こちらが話しかければよく聞くし、口数は少ないながらも家族とはよく会話している。とびきり明るく、おしゃべりで、常にお祭り状態の次男に比べれば静かだが、それも長男らしくて、私はそんな長男には、次男とは少し違った気持ちで接している。

 部屋を暗くして、長男お気に入りのホラー映画を一本観終わると、なんとなく、三人で話しはじめた。学校のこと、友達のこと、勉強のこと。長男はこの日、驚くほど饒舌だった。夫がいたことがうれしかったのだろう。三人だけの時間に喜んでくれていることは明らかだった。

 学校にかわいい子はいるのか? という夫の問いに、照れながら、「いるよ」と言ったときには驚いた。そうか、そりゃそうだよな、次男だって連日、告った、告られたと大騒ぎしているのだから、長男にだってそういう気持ちは芽生えているだろう……言わないだけで。長男は、とても楽しそうに夫を相手にしゃべり続けた。私はなかば呆然とその長男の様子を見ていた。長男がここまで楽しそうに話をする様子は、しばらく見たことがなかった。精神的にもこんなに成長していたんだと驚いた。

 夫に対して、もっと強くなりたい、もっと大きくなりたい、もっと友達を作りたいと夢を語る、そんな長男の言葉のむこうに、次男に対する憧れのようなものを私は感じていた。夫もそれは感じたようで、「お前は努力家だから、絶対に強くなれるぞ! それに男前やから、これからモテまくるぞ!」と長男を励ましていた。私は、「心配しなくても大丈夫だよ、あなたは真面目でとても強い人だし、今のままで十分だよ」と言うのが精一杯だった。

 そのうち、次男を塾まで迎えに行く時間になり、私は車で家を出た。

 土砂降りの暗い夜道を車で進みながら、長男の気持ちを考え、辛くなった。生まれたときからずっと一緒で、常に側にいる弟が、自分よりも何もかも得意に思え、体まで大きいのだから、長男が劣等感を抱いても不思議はない。もし長男がそんな気持ちだったとしたら……気の毒で仕方がない。胸が締め付けられるようだ。でも、なんでも長男より得意そうな次男が、長男の粘り強さと勤勉さに憧れを持っていることを、私は知っている。

 塾の前に車を停めて次男を待つと、しばらくして、派手なバックパックを背負った、そろそろ177センチになろうかという次男が悠然とやってきた。ドアを開けるなり「あー、今日も下らないミス、連発や!」と大声で言い、どかっと座った。

 「なんでやろ、気をつけているつもりやけど、ちょっとしたところでミスしてしまう。先生も、最後のこんなところでミスするなんてもったいないって言ってくれたわ。これから気をつけなあかんなぁ。でもな、今日も楽しかったわ!」と、表情に自信をみなぎらせて言った。なんだかきらきらと輝いていた。母親の私でさえ、その強い輝きに圧倒されそうだった。

 私は、車をスタートさせながら「自分の弱点がわかったんだからよかったよね。これからは気をつけようって思うだけでずいぶん違うと思うよ。がんばって」と言いつつ、頭のなかは長男の言葉で一杯になり、ハンドルを握りつつ、堪えきれずに泣いた。

 次男はそんな私に気づかず、すぐにイヤホンを耳にねじ込んで、「それじゃ、俺、音楽聴くし!!」と私に断ると、大音量でKing Gnuを聴き始めた。

この記事をシェアする

MAIL MAGAZINE

「考える人」から生まれた本

  • 春間豪太郎草原の国キルギスで勇者になった男

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき
  •  

考える人とはとは

何かについて考え、それが「わかる」とはどういうことでしょうか。

「わかる」のが当然だった時代は終わり、平成も終わり、現在は「わからない」が当然な時代です。わからないことを前提として、自分なりの考え方を模索するしかありません。

わかるとは、いわば自分の外側にあるものを、自分の尺度に照らして新しく再構成していくこと。

"Plain living, high thinking"(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)*を編集理念に、Webメディア「考える人」は、わかりたい読者に向けて、知の楽しみにあふれたコンテンツをお届けします。

*産業革命後に急速な都市化が進むロンドンで、イギリスの詩人ワーズワースが書き遺した言葉。

 

 

「考える人」編集長
松村 正樹

著者プロフィール

村井理子
村井理子

むらい・りこ 翻訳家。訳書に『ブッシュ妄言録』『ヘンテコピープル USA』『ローラ・ブッシュ自伝』『ゼロからトースターを作ってみた結果』『ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室』『兵士を救え! マル珍軍事研究』『子どもが生まれても夫を憎まずにすむ方法』『人間をお休みしてヤギになってみた結果』『サカナ・レッスン』など、エッセイに『(きみ)がいるから』『村井さんちの生活』がある。『村井さんちのぎゅうぎゅう焼き』で、「ぎゅうぎゅう焼き」ブームを巻き起こす。ファーストレディ研究家でもある。

連載一覧

対談・インタビュー一覧

著者の本


ランキング

イベント

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

  • ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号第6091713号)です。ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら