考える人

シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

「音楽」一覧

インドの神話世界
  • まなぶ
  • こころ
  • 評論

21 インド神話の数字のはなし

 縁起のいい数字とは、何でしょう。人によってさまざまだと思います。誕生日に由来する数字や、住所に電話番号、好み […]

インドの神話世界
  • まなぶ
  • こころ
  • 評論

20 音楽の神話2

 前回は「音楽の神話」と題して、楽器や歌の「秩序の中に無秩序を呼び込む」働きについてお話ししました。今回も、音 […]

インドの神話世界
  • まなぶ
  • こころ
  • 評論

19 音楽の神話

 先日、原稿を書くときに何かバックミュージックを流すかどうかという話題になりました。音は全てドレミで聞こえるの […]

平成ベストテン
  • こころ
  • エッセイ

平成アートベストテン

 この手の企画は、とかく枕詞がつくものだが、紙幅も限られているので、すぐに始めよう。以下、10項目を挙げる。原 […]

平成ベストテン
  • こころ
  • エッセイ

平成Jポップベストテン

 「Jポップ」の歴史と「平成」という時代は、ほぼ重なっている。一九八八年十月一日に開局したFMラジオ局J-WA […]

平成ベストテン
  • こころ
  • エッセイ

平成クラシックベストテン

 平成はポスト・モダンが徹底された時代だった。そこでは芸術を担うご立派な近代的個人が立場を失ってゆき、何もかも […]

おかぽん先生青春記
  • 思い出すこと
  • こころ
  • エッセイ

そして、あの頃の歌たち

 僕らのギター部はあくまで「クラシカルギター・クラブ」だったから、ナイロン弦を張ったなで肩のギターを持ちより、 […]

img_7c9391aa7e8dd7a1106f3f8ffabe3e9d599985

私の心の奥にもある女心と、遥かな平安の時……

 林真理子さんによる「源氏物語」の現代訳です。  登場人物の1人、六条御息所の一人語りという形で物語は綴られて […]

img_c528a4a8b43695d41aabe6ebedbe3ede637528

私はいつも服によって助けられ、こうして今……

 作者のアイリーン・ベッカーマンさんは、人生で着てきたほとんどすべての服を記憶していて、それをイラストに描き、 […]

img_1ed5fdac6785b519d51971e06d94ec69656473

そこに流れる言葉は独立した〈詩〉ではなく……

 何かワケありの〈男〉が街を歩いている。  それなりに歳を重ねていて、それなりに人生に草臥(くたび)れている。 […]

img_b8a150b667a6c7d1b507f0bb37533b03584333

音楽とは不思議なもので時に人の人生を変え……

 音楽とは不思議なもので時に人の人生を変えてしまうものである。  まさに僕もその一人であり、小学生の頃に父が好 […]

img_daa28debf9f188a612afbf4d77b611fd1024477

一生の中で何を学び、何を糧にして生き、何……

Vo.ASAGI 「聖書」 Gu.Ruiza 「鋼のメンタル」百田 尚樹/著 Gu.HIDE-ZOU 「燃えよ […]

img_73774d104f7577b7ee8888f17b0c88d8556931

あぁ、この物語は、空想の物語であるのに、……

 幼い頃、人見知りが激しかったため、1人で過ごす時間が多かった。でも、部屋で遊ぶのはキライで、外に出て現実と空 […]

おかぽん先生青春記
  • 思い出すこと
  • エッセイ

親父とギターと発情と

 慶應義塾大学の教養課程は、日吉(神奈川県)にある。東横線は、今では地下に潜ってしまったが、俺が大学生だったこ […]

img_2b795b31be2a62da76853ae10a40512f564942

もしかして自分自身の体験を重ねているとこ……

 例えば誰かに何かを伝える時に心の中、頭の中にある感情やイメージを言語に変えて理解し、実際に言葉として発する。 […]

地球の音
  • 自然
  • こころ
  • エッセイ

サラウンド

 渚……なぎさ感覚って呼んでいるんだけど、そういうのが好きです。いまもちょっと渚感覚に近い。海でぼくが好きなの […]

暮らしのサウンドスケイプ
  • くらし
  • こころ
  • エッセイ

童謡の動揺

 小学生のころ、NHKの「みんなのうた」に「コンピューターおばあちゃん」というのがあった。いまならスマホやパソ […]

地球の音
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

老人の練習

 ずっと前から「老人の練習」を重ねてきた。その甲斐あってようやく完成の域に達しつつある。  そもそも小学生の頃 […]

地球の音
  • こころ
  • ことば
  • エッセイ

リズムをつなぐ

 太鼓は、あの世とこの世をつなぐ命綱みたいなもの。  アフリカやアマゾンで暮らす人々、あるいはネイティブアメリ […]

随筆 小林秀雄
  • ことば
  • 思い出すこと
  • エッセイ

四 微妙という事

 小林秀雄先生は、昼間はきわめて寡黙だった。お宅に参上するのは午後の三時が多かったが、その日の相談事がすんでし […]

地球の音
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

苔にあこがれる

 苔のような生活、というのにはまっていた時期がある。日本では一九八〇年代に広がったニューエイジ的カルチャーには […]

エル・システマジャパン 震災5年  恩返しの旅 相馬からドイツへ
  • こころ
  • 世の中のうごき
  • ルポ

「態度的価値」としての音楽

 ドイツ滞在の最終日になってようやく抜けるような青空に恵まれた。  3月14日、この日の午前中はベルリン独日協 […]

暮らしのサウンドスケイプ
  • くらし
  • こころ
  • 思い出すこと
  • エッセイ

体感で聞く音楽

 小学校三年生くらいのとき、ピアノ曲「ラ・カンパネラ」と出会ったことで、私の音楽の聞き方が決まったような気がす […]

エル・システマジャパン 震災5年  恩返しの旅 相馬からドイツへ
  • こころ
  • 世の中のうごき
  • ルポ

音楽の可能性を信じる小児科医

 ペーター・ハウバー博士とベルリン・フィルハーモニーの楽屋で向かい合って座る。彼の本業は小児科医で、今日もここ […]

MAIL MAGAZINE

9

20

(Fri)

今週のメルマガ

初公開! 天童荒太さんの創作の舞台裏(No.785)

  2018.9.20配信 HTMLメールを表示出来ない方は こちら 9月20日更新第2回 徴兵令に […]

「考える人」から生まれた本

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

考える人とはとは

何かについて考え、それが「わかる」とはどういうことでしょうか。

「わかる」のが当然だった時代は終わり、平成も終わり、現在は「わからない」が当然な時代です。わからないことを前提として、自分なりの考え方を模索するしかありません。

わかるとは、いわば自分の外側にあるものを、自分の尺度に照らして新しく再構成していくこと。

"Plain living, high thinking"(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)*を編集理念に、Webメディア「考える人」は、わかりたい読者に向けて、知の楽しみにあふれたコンテンツをお届けします。

*産業革命後に急速な都市化が進むロンドンで、イギリスの詩人ワーズワースが書き遺した言葉。

 

 

「考える人」編集長
松村 正樹


ランキング

イベント

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

  • ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号第6091713号)です。ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら