シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

「くらし」一覧

安田菜津紀の写真日記
  • 世の中のうごき
  • くらし
  • ルポ

「名前を変えればいい」という声に

 「福島という名前を変えたらどうか」という声を、時折耳にすることがある。福島第一原発とこの地名が結びついて世界に伝わり、深刻な風評被害も起きている。だからいっそ……

考える猫のその日暮らし
  • くらし
  • イラスト

秋の夜に一句

没イチ、カンボジアでパン屋はじめます!
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

3. 「未亡人」と言わないで

その日は突然にやってきた  2011年のゴールデンウイーク初日。翌日からシンガポール出張の予定があったのに、前の晩、夫は会社の先輩と飲んで帰ってきた。私も友人と銀座……

Superfly ウタのタネ
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

「令和の大江戸」実験生活

ステイホーム期間中、読書に励んでいたという人は多いのではないでしょうか。私もそうです。 いろんな本を読みましたが、一番盛り上がったのが石川英輔さんの『大江戸神仙……

よりみち日記2
  • くらし
  • イラスト
  • エッセイ

1. はじめまして道草晴子です

小さい午餐
  • たべる
  • くらし
  • ことば
  • エッセイ

山の公園の麺類

 涼しくなってきた。山にある公園にきのこを見に出かけた。屋内より屋外の方が、都会より田舎の方がより人の密度が低いだろうという判断だが、皆が同じようなことを考えて……

おかしなまち、おかしなたび 続・地元菓子
  • たべる
  • くらし
  • エッセイ

ねったぼの正体

鹿児島県さつま町

 九州は餅文化の深く根づく地だが、鹿児島のそれにはちょっと変わった餅がある。餅ではあるが、餅米だけの餅ではなく、別のものが混じっている。別のものを餅に混ぜる文化……

考える猫のその日暮らし
  • くらし
  • イラスト

私を見て

村井理子×宮下奈都「村井さんちと宮下さんちの生活」
  • くらし
  • こころ
  • 対談

後編 私のもとに、私が帰ってきた!

(前回の記事に戻る) ――お話も盛り上がってきましたが、きょうご参加のみなさまから事前に寄せられた質問にお答えいただければと思います。 Q. お仕事と育児のバランスは……

村井理子×宮下奈都「村井さんちと宮下さんちの生活」
  • くらし
  • こころ
  • 対談

前編 子育てほど、正解がわからないものは……

村井 はじめまして……と言いつつ、数年前から宮下さんとはTwitterでやりとりをしているので、初対面の感じがしませんね。 宮下 そうですね、私もずいぶん前からよく知って……

没イチ、カンボジアでパン屋はじめます!
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

2. 人生を決めた東南アジアでの出会い

驚愕の手動水洗トイレ、ゴキブリ水の洗礼  敬虔なカトリック教徒が多いフィリピンでは、節目の結婚記念日に神の前で誓いを繰り返すカップルは珍しくない。これをヴァウ・……

考える猫のその日暮らし
  • くらし
  • イラスト

釘付け

没イチ、カンボジアでパン屋はじめます!
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

1. ある日突然、「没イチ」になる

夫婦は「Dead or 没イチ」  42歳で未亡人になった。  その時、私は第一生命経済研究所で、死生学を専門とする研究者だった。「人は死ぬ」という当たり前のことと毎日向き……

安田菜津紀の写真日記
  • 世の中のうごき
  • くらし
  • ルポ

報道は次期総理の「素顔」を伝えるためのも……

 私の出身の街、神奈川県横須賀市は、小泉純一郎氏、進次郎氏の地元でもある。小泉純一郎政権が誕生した時、中学生だった私は最初、無邪気に報道をうのみにしていた。「自……

雑貨の終わり
  • くらし
  • 世の中のうごき
  • インタビュー

雑貨界の地図をつくる

著者インタビュー

 ――新刊『雑貨の終わり』は『すべての雑貨』(夏葉社)につづく二冊目の著作です。  私は東京の西荻窪で十五年前から雑貨店を営んでいますが、雑貨について考えはじめた……

雑貨の終わり
  • くらし
  • 世の中のうごき
  • エッセイ

書評「忘れられへんから」

 すべてのものが「雑貨」と称され、消費されていく過程を、著者は「雑貨化」と呼ぶ。前著『すべての雑貨』には、すでに「人々が雑貨だと思えば雑貨。そう思うか思わないか……

おかしなまち、おかしなたび 続・地元菓子
  • たべる
  • くらし
  • エッセイ

愛する地元アイス

おかしなたび

考える猫のその日暮らし
  • くらし
  • イラスト

夏の寝相

今福龍太×小川洋子「デクノボーという知恵をさがして」
  • ことば
  • くらし
  • 対談

後編 風から聞いたきれぎれの物語

(前回の記事へ) 「生前の死」にさかのぼる時間感覚 今福 もうひとつ『小箱』の中の一節で、印象に残ったところなのですが、乳母車が出てきます。これも小箱の一種なんで……

今福龍太×小川洋子「デクノボーという知恵をさがして」
  • ことば
  • くらし
  • 対談

中編 「小さい」という世界

(前回の記事へ) でこ、ぼこ、きなきな、こけし 今福 デクノボーという言葉は、あの「雨ニモマケズ」に使われているので、賢治について考えるためのキーワードのようにな……

高野秀行『幻のアフリカ納豆を追え!』試し読み
  • たべる
  • くらし
  • ルポ

第1章 謎のアフリカ納豆

(プロローグに戻る) 1.幼なじみとイスラム過激派 「秀(ひで)ちゃん、ダワダワの製造農家取材、9月の下旬に行ってきま~す。西アフリカ共通のうま味調味料ということが……

高野秀行『幻のアフリカ納豆を追え!』試し読み
  • たべる
  • くらし
  • ルポ

プロローグ

 私の人生の裏で糸を引く怪しいやつがいる。それは納豆だ。  納豆の恐ろしい魔の手に私が気づいたのは、大学を卒業し、東南アジア方面へ行くようになってからだ。タイ北……

今福龍太×小川洋子「デクノボーという知恵をさがして」
  • ことば
  • くらし
  • 対談

前編 デクノボーは「言葉以前の人」

『ヘンリー・ソロー』と『小箱』のつながり 今福 僕の『宮沢賢治 デクノボーの叡知』は昨年9月末に出ましたが、ちょうど同じ頃に、小川さんの久しぶりの長編小説『小箱……

小さい午餐
  • たべる
  • くらし
  • ことば
  • エッセイ

中華の黄ニラ

 夫が救急車で運ばれたと電話があった。交通事故だという。電話は本人からで、病院へ来てくれとのこと、事情はわからないが、本人が電話をかけてきた以上命に別状ないのだ……

MAIL MAGAZINE

「考える人」から生まれた本

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき
  •  

考える人とはとは

 はじめまして。2021年2月1日よりウェブマガジン「考える人」の編集長をつとめることになりました、金寿煥と申します。いつもサイトにお立ち寄りいただきありがとうございます。
「考える人」との縁は、2002年の雑誌創刊まで遡ります。その前年、入社以来所属していた写真週刊誌が休刊となり、社内における進路があやふやとなっていた私は、2002年1月に部署異動を命じられ、創刊スタッフとして「考える人」の編集に携わることになりました。とはいえ、まだまだ駆け出しの入社3年目。「考える」どころか、右も左もわかりません。慌ただしく立ち働く諸先輩方の邪魔にならぬよう、ただただ気配を殺していました。
どうして自分が「考える人」なんだろう――。
手持ち無沙汰であった以上に、居心地の悪さを感じたのは、「考える人」というその“屋号”です。口はばったいというか、柄じゃないというか。どう見ても「1勝9敗」で名前負け。そんな自分にはたして何ができるというのだろうか――手を動かす前に、そんなことばかり考えていたように記憶しています。
それから19年が経ち、何の因果か編集長に就任。それなりに経験を積んだとはいえ、まだまだ「考える人」という四文字に重みを感じる自分がいます。
それだけ大きな“屋号”なのでしょう。この19年でどれだけ時代が変化しても、創刊時に標榜した「"Plain living, high thinking"(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)」という編集理念は色褪せないどころか、ますますその必要性を増しているように感じています。相手にとって不足なし。胸を借りるつもりで、その任にあたりたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

「考える人」編集長
金寿煥


ランキング

「考える人」から生まれた本

イベント

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

  • ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号第6091713号)です。ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら