シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

「くらし」一覧

没イチ、カンボジアでパン屋はじめます!
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

10. プノンペンのカフェで出会った老人……

相席を誘ってきた年配のカンボジア人、実はすごい人だった  プノンペンにいるときは、店から歩いて10分ほどにあるゲストハウスに滞在していた。ゲストハウスの数軒隣には……

Superfly ウタのタネ
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

影響アレルギー

2021年が始まりました。昨年が特殊な年だったので、今年は心が落ち着けるような明るい年にしたいですね。 私にとっても昨年は今までとは違う特別な一年となりました。 こう……

村井さんちの生活
  • くらし
  • こころ

今年はなかなか厳しい一年になるぞと

 今年は私にとって厳しい一年になるぞと、年始から少しだけ憂鬱だ。  というのも、わが家の双子は春には中学三年生になる。つい先日、ようやく中学生になったと思ってい……

安田菜津紀の写真日記
  • 世の中のうごき
  • くらし
  • エッセイ

「正論」って何だろう

   「くたばれ、正論。」という、エナジードリンクの広告のキャッチコピーが注目を集めた。成人の日に新聞に掲載されたもので、若者を意識して目を引こうとした言葉……

考える猫のその日暮らし
  • くらし
  • イラスト

猫ロス

よりみち日記2
  • くらし
  • イラスト
  • エッセイ

7. プロになってきた証拠

小さい午餐
  • たべる
  • くらし
  • エッセイ

広島のお好み焼き

 年の瀬のばたばたした夕方、お好み焼きの出前を近所の店に頼むことにした。お好み焼きの出前は広島では一般的で宅配専門店もあるくらいだが、以前に東京の編集者の人にそ……

没イチ、カンボジアでパン屋はじめます!
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

9. 6人家族の長女で大黒柱、ちょっと不……

パンを食べたことのないスタッフにパン作りを教える  私の知人がプノンペンのイタリアンレストランを引き取ることになったのは前回書いた通り。  そこで働いていたスタッ……

yamaaruki25illust
  • くらし
  • こころ
  • ルポ

中国地方の最高峰、大山を登る

 みなさま、こんにちは!  日々野鮎美(27歳 会社員)です。  わたくし、”山ガール”ならぬ”単独登山女子”なんて名乗っていますが、要するに人見知りです……(?!)。 (私……

おかしなまち、おかしなたび 続・地元菓子
  • たべる
  • くらし
  • エッセイ

初春のはなやぎを呼ぶ辻占の紙

石川県金沢

 辻占(つじうら)というお菓子は、もう二十年以上も前、当時金沢に住んでいた姉が、お正月に帰省した折に買ってきてくれたお土産だった。お正月に一家揃ってお屠蘇をいただ……

考える猫のその日暮らし
  • くらし
  • イラスト

雑煮

マイ・フェア・ダディ! 介護未満の父に娘ができること
  • くらし
  • こころ
  • エッセイ

3. 父の「できること/できないこと」

 ジャマイカ出身の父親と、インド出身の母親を持つアメリカ人女性、カマラ・ハリスがアメリカの次期副大統領に選ばれることが確実になった。女性としてアメリカ史上初、し……

没イチ、カンボジアでパン屋はじめます!
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

8. びっくり! プノンペンの雇用事情

スタッフごと!? 知人が譲り受けた店舗物件  2018年、会社を辞める半年前に私をプノンペンに誘ってくれた知人は、市内にレストランを経営しているカンボジア人から店を引……

分け入っても分け入っても日本語
  • ことば
  • くらし
  • エッセイ

「シルバー」「シルバーシート」

 高齢者に関することばに「シルバー」を冠することがあります。「シルバー世代」「シルバー産業」「シルバー人材センター」など。その理由について、テレビ番組からコメン……

考える猫のその日暮らし
  • くらし
  • イラスト

クリスマスケーキ

安田菜津紀の写真日記
  • 世の中のうごき
  • くらし
  • エッセイ

命の線引き

 抜けるような青空の午後、太陽の光が柔らかく降り注いでも、吹きつける風はもう冬の香りだった。私は木々に囲まれた、国立療養所多磨全生園の敷地内を歩いていた。ちょう……

よりみち日記2
  • くらし
  • イラスト
  • エッセイ

6. 低めの目標

yamaaruki24illust
  • くらし
  • こころ
  • ルポ

山いっぱいに広がる紅葉を見るなら栗駒山へ……

 みなさま、こんにちは!  日々野鮎美(27歳 会社員)です。  わたくし、”山ガール”ならぬ”単独登山女子”なんて名乗っていますが、要するに人見知りです……(?!)。 (私……

おんなのじかん
  • くらし
  • こころ
  • エッセイ

26. 持続可能な友情

 幼稚園で一回、小学校で三回、中学校で一回、合わせて五回、転校している。  そのせいなのかはわからないけれど、友人関係というものは定期的にリセットできるものだと……

没イチ、カンボジアでパン屋はじめます!
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

7.カンボジア事情あれこれ

寄付のために見せ物になる孤児たちに涙腺崩壊  初めてのカンボジアに5日間の滞在中、孤児院にも行ってみた。一人10ドル以上の寄付をすることを条件に、子どもたちがカンボ……

春間豪太郎×高野秀行「自分のゲームを創れ!」
  • こころ
  • くらし
  • 対談

後篇 生きづらいなら、自分でゲームを創れ……

(前回の記事へ) 高野 ぼくは動物が好きだから、動物のエピソードを読んでいるだけでも面白かった。 春間 動物は人間が考える以上に賢いし、相手の表情や空気を読むのが……

春間豪太郎×高野秀行「自分のゲームを創れ!」
  • こころ
  • くらし
  • 対談

前篇 あえて危険に立ち向かってレベル上げ

高野 春間くんの『草原の国キルギスで勇者になった男』(以下『キルギス』)を読みました。デビュー作『リアルRPG譚 行商人に憧れて、ロバとモロッコを1000km歩いた男の……

考える猫のその日暮らし
  • くらし
  • イラスト

緊張と緩和

よりみち日記2
  • くらし
  • イラスト
  • エッセイ

5. あたらしい日々

MAIL MAGAZINE

「考える人」から生まれた本

  • 春間豪太郎草原の国キルギスで勇者になった男

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

考える人とはとは

何かについて考え、それが「わかる」とはどういうことでしょうか。

「わかる」のが当然だった時代は終わり、平成も終わり、現在は「わからない」が当然な時代です。わからないことを前提として、自分なりの考え方を模索するしかありません。

わかるとは、いわば自分の外側にあるものを、自分の尺度に照らして新しく再構成していくこと。

"Plain living, high thinking"(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)*を編集理念に、Webメディア「考える人」は、わかりたい読者に向けて、知の楽しみにあふれたコンテンツをお届けします。

*産業革命後に急速な都市化が進むロンドンで、イギリスの詩人ワーズワースが書き遺した言葉。

 

 

「考える人」編集長
松村 正樹


ランキング

「考える人」から生まれた本

イベント

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

  • ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号第6091713号)です。ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら