シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

「エッセイ」一覧

よりみち日記2
  • くらし
  • イラスト
  • エッセイ

7. プロになってきた証拠

小さい午餐
  • たべる
  • くらし
  • エッセイ

広島のお好み焼き

 年の瀬のばたばたした夕方、お好み焼きの出前を近所の店に頼むことにした。お好み焼きの出前は広島では一般的で宅配専門店もあるくらいだが、以前に東京の編集者の人にそ……

没イチ、カンボジアでパン屋はじめます!
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

9. 6人家族の長女で大黒柱、ちょっと不……

パンを食べたことのないスタッフにパン作りを教える  私の知人がプノンペンのイタリアンレストランを引き取ることになったのは前回書いた通り。  そこで働いていたスタッ……

おかしなまち、おかしなたび 続・地元菓子
  • たべる
  • くらし
  • エッセイ

初春のはなやぎを呼ぶ辻占の紙

石川県金沢

 辻占(つじうら)というお菓子は、もう二十年以上も前、当時金沢に住んでいた姉が、お正月に帰省した折に買ってきてくれたお土産だった。お正月に一家揃ってお屠蘇をいただ……

マイ・フェア・ダディ! 介護未満の父に娘ができること
  • くらし
  • こころ
  • エッセイ

3. 父の「できること/できないこと」

 ジャマイカ出身の父親と、インド出身の母親を持つアメリカ人女性、カマラ・ハリスがアメリカの次期副大統領に選ばれることが確実になった。女性としてアメリカ史上初、し……

没イチ、カンボジアでパン屋はじめます!
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

8. びっくり! プノンペンの雇用事情

スタッフごと!? 知人が譲り受けた店舗物件  2018年、会社を辞める半年前に私をプノンペンに誘ってくれた知人は、市内にレストランを経営しているカンボジア人から店を引……

やりなおし世界文学
  • まなぶ
  • ことば
  • エッセイ

(25) 謎のナゾベーム――シュテュンプ……

 「尾が四メートルある。屁で持ち上げて果実を採る」。なんなんだこのメモは。ハラルト・シュテュンプケの『鼻行類』におけるナゾベーム類についての記述だ。説明しても未……

名ぜりふで読み解く日本史
  • こころ
  • まなぶ
  • エッセイ

第5回 黒田長政は本当に「啖呵」を切った……

司馬遼太郎が描いた名場面  良く知られているように、関ヶ原合戦の勝敗を決したのは、西軍(石田三成方)の小早川秀秋の裏切りである。そして一般には、秀秋は東軍(徳川……

分け入っても分け入っても日本語
  • ことば
  • くらし
  • エッセイ

「シルバー」「シルバーシート」

 高齢者に関することばに「シルバー」を冠することがあります。「シルバー世代」「シルバー産業」「シルバー人材センター」など。その理由について、テレビ番組からコメン……

安田菜津紀の写真日記
  • 世の中のうごき
  • くらし
  • エッセイ

命の線引き

 抜けるような青空の午後、太陽の光が柔らかく降り注いでも、吹きつける風はもう冬の香りだった。私は木々に囲まれた、国立療養所多磨全生園の敷地内を歩いていた。ちょう……

よりみち日記2
  • くらし
  • イラスト
  • エッセイ

6. 低めの目標

おんなのじかん
  • くらし
  • こころ
  • エッセイ

26. 持続可能な友情

 幼稚園で一回、小学校で三回、中学校で一回、合わせて五回、転校している。  そのせいなのかはわからないけれど、友人関係というものは定期的にリセットできるものだと……

村井さんちの生活
  • こころ
  • 思い出すこと
  • エッセイ

お兄ちゃんの遺骨どうするんだ問題

 あまり考えないようにはしていたのだけれど、すでに年末が近い。憂鬱だ。十月に入った途端、義父が「おせちはどうする」とわが家に電話をかけてくるようになったことと、……

没イチ、カンボジアでパン屋はじめます!
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

7.カンボジア事情あれこれ

寄付のために見せ物になる孤児たちに涙腺崩壊  初めてのカンボジアに5日間の滞在中、孤児院にも行ってみた。一人10ドル以上の寄付をすることを条件に、子どもたちがカンボ……

おかぽん先生青春記
  • こころ
  • まなぶ
  • エッセイ

沖縄で出会ったジュウシマツの"祖先"

 俺は小鳥の歌を研究しているので、いわゆるバードワッチャー(鳥見人)かと思われていることがある。この連載を読んでくれている方には、俺がどちらかと言うとオタク系イ……

よりみち日記2
  • くらし
  • イラスト
  • エッセイ

5. あたらしい日々

おかしなまち、おかしなたび 続・地元菓子
  • たべる
  • くらし
  • エッセイ

雪雲のようなふっくらぱん

新潟県長岡

 この週末に新潟へ旅行に行く友人と話していて、泊まりは長岡だというので、急に思い出したお菓子があった。それは、白くて平たくて長い、いわばイタリアのフォカッチャの……

マイ・フェア・ダディ! 介護未満の父に娘ができること
  • くらし
  • こころ
  • エッセイ

2. 誰がための安心か

 女は男に比べてマルチタスクが得意だと世間は言う。そんなことが男か女かで決まってたまるかよと腹も立つが、女である私は確かに、複数の案件をジャグリングすることが苦……

Superfly ウタのタネ
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

まさかのアンチエイジング

歌いたくてウズウズしていたので、オンラインライブ、やってしまいました! 今年はインプットの年と決めていたので、締め切りを設けずのんびり曲を作るつもりでいましたが……

小さい午餐
  • たべる
  • くらし
  • エッセイ

喧嘩つけ麺

 夫とかなり大きな喧嘩をした。きっかけはささいなことだったが双方に言い分があり感情がありいままでの結婚生活中にお互いが抱いていた不満や悲しみの蓄積や記憶もあり歩……

村井さんちの生活
  • こころ
  • 思い出すこと
  • エッセイ

義父、ふたたび倒れる

 わが家に、実は大変なことが起きていた。また村井さんちが大変なのか! と驚かれてしまいそうだが、その通りだった。なんと、コロナ禍のまっただ中で、義父が緊急入院し……

没イチ、カンボジアでパン屋はじめます!
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

6. 50歳からの第二の人生

私のなかで何かが吹っ切れた「瞬間」  大阪から就職のために上京し、安月給でカツカツの生活をしていた私を見かね、会社の先輩や仕事で知り合った人たちがご飯によく連れ……

名ぜりふで読み解く日本史
  • こころ
  • まなぶ
  • エッセイ

第4回 敗軍の将・三成が見せた「大将の気……

『慶長軍記』の意外な好評価  石田三成。関ヶ原合戦で西軍の中心人物として、徳川家康ら東軍と戦い敗れた人物である。ゆえに江戸時代には、三成は豊臣秀吉の威を借る君側……

よりみち日記2
  • くらし
  • イラスト
  • エッセイ

4. よりみちしてる人たちへ

MAIL MAGAZINE

「考える人」から生まれた本

  • 春間豪太郎草原の国キルギスで勇者になった男

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

考える人とはとは

何かについて考え、それが「わかる」とはどういうことでしょうか。

「わかる」のが当然だった時代は終わり、平成も終わり、現在は「わからない」が当然な時代です。わからないことを前提として、自分なりの考え方を模索するしかありません。

わかるとは、いわば自分の外側にあるものを、自分の尺度に照らして新しく再構成していくこと。

"Plain living, high thinking"(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)*を編集理念に、Webメディア「考える人」は、わかりたい読者に向けて、知の楽しみにあふれたコンテンツをお届けします。

*産業革命後に急速な都市化が進むロンドンで、イギリスの詩人ワーズワースが書き遺した言葉。

 

 

「考える人」編集長
松村 正樹


ランキング

「考える人」から生まれた本

イベント

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

  • ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号第6091713号)です。ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら