Webマガジン「考える人」

シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

「世の中のうごき」一覧

チャーリーさんのタコスの味――ある沖縄史
  • 思い出すこと
  • 世の中のうごき
  • 評論

Aサインの日々 2

※前回はこちら  八重島の景気が後退しつつあったとはいえ、勝田さんのスーパーレストランはなかなか繁盛したようだ […]

随筆 小林秀雄
  • 思い出すこと
  • まなぶ
  • 世の中のうごき
  • エッセイ

十六 身交う、とは……

 小林秀雄の名講演のひとつに、「信ずることと考えること」(「新潮CD 小林秀雄講演」第二巻所収)がある。この講 […]

安田菜津紀の写真日記
  • 思い出すこと
  • くらし
  • 世の中のうごき
  • エッセイ

大熊へ

 抜けるような青空だった。駆け抜ける風が微かに汐の香りを帯びている。波音が近い。時々木々の彼方から、穏やかな鳥 […]

ソマリ人のきもち
  • 世の中のうごき
  • まなぶ
  • エッセイ

ランボー 怒りのソマリランド篇

 これまで鎌倉時代のマルコ・ポーロ、室町時代のイブン・バットゥータの見聞きしたソマリ世界を紹介してきたが、今度 […]

安田菜津紀の写真日記
  • 世の中のうごき
  • こころ
  • エッセイ

シリアに咲く花

 4月、外には美しい風景があふれているのに、心はざわついたままだった。理由ははっきりしていた。シリアで化学兵器 […]

チャーリーさんのタコスの味――ある沖縄史
  • 思い出すこと
  • くらし
  • 世の中のうごき
  • エッセイ

オフリミッツを乗り越える

(前回までのあらすじ)「チャーリー」こと勝田直志さんは、コザの有名なタコス専門店の創業者。沖縄戦を生き延びて奄 […]

考える四季
  • 世の中のうごき
  • くらし
  • エッセイ

歓待と無関心のあいだ

 小北駅を降りると、道行く人々の多くがアフリカ人だ。ここは、中国の広東省広州市。二〇〇〇年頃から中国に様々な商 […]

ソマリ人のきもち
  • 世の中のうごき
  • くらし
  • エッセイ

マルコ・ポーロの見た(聞いた)ソマリ世界

 前回まで足利尊氏の一歳年上であるイブン・バットゥータが訪れたソマリ世界を紹介してみたが、今回はさらに時代を五 […]

チャーリーさんのタコスの味――ある沖縄史
  • しごと
  • 世の中のうごき
  • 思い出すこと
  • ルポ

沖縄の奄美人

(前回までのあらすじ)「チャーリー」こと勝田直志さんは、コザの有名なタコス専門店の創業者。沖縄戦の生き残りでも […]

チャーリーさんのタコスの味――ある沖縄史
  • くらし
  • 世の中のうごき
  • 思い出すこと
  • 評論

八重島のレストラン

(前回までのあらすじ)「チャーリー」こと勝田直志さんは、コザの有名なタコス専門店の創業者。沖縄戦を生き延びて故 […]

ソマリ人のきもち
  • 世の中のうごき
  • くらし
  • エッセイ

お客様は神様?

 2月上旬、ソマリアで大統領選挙が行われ、モハメド・アブディラヒ・ファルマージョが当選した。選挙といっても、投 […]

ソマリ人のきもち
  • まなぶ
  • 世の中のうごき
  • エッセイ

リアル室町時代のモガディショ

 中世の大旅行家イブン・バトゥータがソマリアの首都モガディショを訪れた話の続きである。  前述したように、イブ […]

安田菜津紀の写真日記
  • くらし
  • 世の中のうごき
  • エッセイ

忘れたくない日のこと。

 忘れたくない日がある。2015年2月1日、ジャーナリストの後藤健二さんがISによって殺害されたとされる映像が […]

ソマリ人のきもち
  • 世の中のうごき
  • くらし
  • まなぶ
  • エッセイ

世界史の中のソマリ人

 毎回この連載では、覚醒植物カートを食べて盛り上がったとか、カートを食い過ぎて頭を打ったとか、入国を拒否されて […]

チャーリーさんのタコスの味――ある沖縄史
  • 思い出すこと
  • くらし
  • 世の中のうごき
  • 評論

基地の街コザ

(前回までのあらすじ)「チャーリー」こと勝田直志さんは、コザの有名なタコス専門店の創業者。沖縄戦の生き残りでも […]

img_da2bc754880b33e52f52c8a24938a926387568
  • くらし
  • 世の中のうごき
  • ルポ

幸せの基準、暖かさの基準

――エッセイスト・三宮麻由子さん 「五感を使って考えよう」イベントレポート その3

「助ける、助けられる」という問題を考えるときに、ひとつ考えていただきたいと思うのは、誰しも、常に、あるいはいつまでも健常者ではないということです。よく若い男の……

img_da2bc754880b33e52f52c8a24938a926387568
  • くらし
  • 世の中のうごき
  • ルポ

「お節介」というものはない

――エッセイスト・三宮麻由子さん 「五感を使って考えよう」イベントレポート その2

では、私がいま考えていることをお話しして、どうしたら変えていけるのか、提言したいと思います。

img_da2bc754880b33e52f52c8a24938a926387568
  • 世の中のうごき
  • くらし
  • ルポ

「明日は我が身」と思ってほしい

――エッセイスト・三宮麻由子さん 「五感を使って考えよう」イベントレポート その1

 1月14日、埼玉県蕨市のJR蕨駅ホームから全盲の男性が転落。入ってきた電車に接触して死亡するという痛ましい事 […]

安田菜津紀の写真日記
  • 世の中のうごき
  • くらし
  • こころ
  • エッセイ

白旗と、傷跡

 イラク北部、クルド人自治区。太陽の光が優しく降り注ぐ日でも、通り抜けていく風はぴりりと冷たい。難民キャンプの […]

安田菜津紀の写真日記
  • くらし
  • 世の中のうごき
  • エッセイ

「元旦」のない国から

 1月1日、新しい年を迎えた日。私はイラク北部、クルド人自治区の主要都市アルビルの救急病院にいた。日がどっぷり […]

チャーリーさんのタコスの味――ある沖縄史
  • 世の中のうごき
  • こころ
  • 思い出すこと
  • 評論

再び沖縄へ

(前回までのあらすじ)「チャーリー」こと勝田直志さんは、コザの有名なタコス専門店の創業者。沖縄戦の生き残りでも […]

チャーリーさんのタコスの味――ある沖縄史
  • 思い出すこと
  • 世の中のうごき
  • 評論

アメリカの豊かさ、そして帰郷

(前回までのあらすじ)「チャーリー」こと勝田直志さんは、コザの有名なタコス専門店の創業者。沖縄戦の生き残りでも […]

考える四季
  • 世の中のうごき
  • まなぶ
  • エッセイ

ポケモンGOと時間眼鏡

 娘が珍しく話しかけてくれたと思ったら、ポケモンGOの使い方についての質問だった。日本でポケモンGOがリリース […]

安田菜津紀の写真日記
  • 世の中のうごき
  • こころ
  • エッセイ

もしもあなたが沈黙したら

 その日は朝から苛立っていた。何をしていても心が落ち着かない。理由は自分の中でもはっきりしていた。シリアの街ア […]

MAIL MAGAZINE

7

12

(Thu)

今週のメルマガ

岡田利規作・演出の『NO THEATER』を観た! 惚れた! (No.776)

7月12日更新 Vol.10 学びの円環 ドミニク・チェン 7月10日更新 夢見るサルレーダー 松原始 7月9 […]

「考える人」から生まれた本

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

考える人とはとは

何かについて考え、それが「わかる」とはどういうことでしょうか。

「わかる」のが当然だった時代は終わり、平成も終わり、現在は「わからない」が当然な時代です。わからないことを前提として、自分なりの考え方を模索するしかありません。

わかるとは、いわば自分の外側にあるものを、自分の尺度に照らして新しく再構成していくこと。

“Plain living, high thinking”(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)*を編集理念に、Webメディア「考える人」は、わかりたい読者に向けて、知の楽しみにあふれたコンテンツをお届けします。

*産業革命後に急速な都市化が進むロンドンで、イギリスの詩人ワーズワースが書き遺した言葉。

 

 

「考える人」編集長
松村 正樹


ランキング

イベント

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

  • ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号第6091713号)です。ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら