考える人

シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

「こころ」一覧

おんなのじかん
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

14.妊婦はそんなことを言っちゃいけませ……

 「あー、しんど。やっぱりやめておけばよかったな」  二人目の子どもを妊娠中のときに、突き出たおなかをさすりな […]

デモクラシーと芸術
  • こころ
  • まなぶ
  • 評論

第15回 中間層は自律した聴き手となれる……

所得の上昇が需要増加を生み、新技術が需要を開拓した   18世紀のヨーロッパの演奏芸術を支えていたのは教会と宮 […]

山と食欲と私 日々野鮎美の山歩き日誌
  • くらし
  • こころ
  • ルポ

鹿児島へ! 半島を一望できる開聞岳へ

みなさま、こんにちは! 日々野鮎美(27歳 会社員)です。  わたくし、”山ガール”ならぬ”単独登山女子”なん […]

村井さんちの生活
  • こころ
  • 思い出すこと
  • エッセイ

孤独死した兄のこと

 昨年10月下旬、兄が宮城県多賀城市内のアパートで孤独死した。病死だった。宮城県塩釜警察署から連絡を受けたのは […]

おかぽん先生青春記
  • 思い出すこと
  • こころ
  • エッセイ

優しい雨

 と、光陰矢の如し、バヌアツ滞在は過ぎてゆき、僕は日本に戻り、ガラ子はバヌアツでの日常生活に戻っていった。僕は […]

おんなのじかん
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

13.不謹慎なんて言わないで

 三代目J SOUL BROTHERSのツアーチケットの抽選にはずれ、失意のどん底にいる。しかも、待ちわびてい […]

千葉雅也×保坂和志「響きあう小説」 『デッドライン』刊行記念トークイベント
  • ことば
  • こころ
  • 対談

第3回 「支配しなければいけない」という……

(前回はこちら) 保坂 『デッドライン』そのものに戻ると、登場人物がめちゃくちゃ多いのはいいことだと思います。 […]

千葉雅也×保坂和志「響きあう小説」 『デッドライン』刊行記念トークイベント
  • ことば
  • こころ
  • 対談

第2回 言葉をまともに使う危うさに気づい……

(前回はこちら) 保坂 それにしても、ゲイの世界を描くことも含めて、とても勇気に溢れた小説だと感じます。物を書 […]

千葉雅也×保坂和志「響きあう小説」 『デッドライン』刊行記念トークイベント
  • ことば
  • こころ
  • 対談

第1回 小説を書くのに、説明は要らない

千葉 今日は保坂さんが、『デッドライン』を読んでメモをされた資料を用意してくださっているんですよね。昨日ツイー […]

山と食欲と私 日々野鮎美の山歩き日誌
  • くらし
  • こころ
  • ルポ

三浦半島から相模湾、東京湾を一望できる大……

みなさま、こんにちは! 日々野鮎美(27歳 会社員)です。  わたくし、”山ガール”ならぬ”単独登山女子”なん […]

おんなのじかん
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

12.名古屋の嫁入り いま・むかし・なう

 前回、葬儀ファッションについて書いたら思いのほか多くの反響があった。これからお仕着せのマナーは無視して好きな […]

しつもん、考える人
  • こころ
  • インタビュー

その一瞬は、はかなくとも生き生きとしたも……

演出家 インバル・ピント Inbal Pinto

――一年以上かけて、『ねじまき鳥クロニクル』舞台化の構想を練ったと伺いました。初日には、村上春樹さんもいらして […]

村井さんちの生活
  • こころ
  • 思い出すこと
  • エッセイ

10年前の写真が教えてくれたこと

 写真は苦手だ。撮られるのも面倒だけれど、撮るのも面倒だなと感じるときがある(例外:犬の写真、仕事用の記録写真 […]

デモクラシーと芸術
  • こころ
  • まなぶ
  • 評論

第14回 グールドが夢想した「平等性のユ……

オリジナルの持つアウラ(Aura)  絵画の世界では不確実性の問題が中心を占めることはない。画を観るものは完成 […]

おかぽん先生青春記
  • 思い出すこと
  • こころ
  • エッセイ

ジュゴンに抱かれる

 このように、俺とガラ子はガラ子の赴任先のバヌアツで、いろいろな意味で刺激的な体験を重ねていた。その中でも極め […]

山と食欲と私 日々野鮎美の山歩き日誌
  • くらし
  • こころ
  • ルポ

のどかな笹原を歩く達磨山縦走

みなさま、こんにちは! 日々野鮎美(27歳 会社員)です。  わたくし、”山ガール”ならぬ”単独登山女子”なん […]

おんなのじかん
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

11.She's a mannerf*c……

 去年の暮れに、義父が亡くなった。  数日前から危篤だとは聞いていたので、いざ夫から電話でその報せを受けたとき […]

山と食欲と私 日々野鮎美の山歩き日誌
  • くらし
  • こころ
  • ルポ

西日本最高峰の霊山、石鎚山(弥山)に挑戦……

みなさま、こんにちは! 日々野鮎美(27歳 会社員)です。  わたくし、”山ガール”ならぬ”単独登山女子”なん […]

おんなのじかん
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

10.これで卒業

 去年の終わりに胚盤胞移殖をした。  卵子の若返りに効くというレスベラトロールなるサプリを半年ほど飲み続け、過 […]

デモクラシーと芸術
  • こころ
  • まなぶ
  • 評論

第13回 技術進歩は音楽の何を変え、何を……

演奏芸術における技術革新の影響  技術革新が個人の精神や社会風土に与える影響は途方もなく大きい。しかし変化を経 […]

村井さんちの生活
  • こころ
  • 思い出すこと
  • エッセイ

答えが出ないことなんて当たり前だと思って……

 答えが出ないことなんて当たり前だと思ってこれまでずっと生きていた。むしろ、自分の目の前に答えが用意されていな […]

おかぽん先生青春記
  • 思い出すこと
  • こころ
  • エッセイ

ガラ子との遠距離交際

 俺とガラ子は、好きな動物の話や留学の話で多いに盛り上がり、流れるように親密になって行った。当時の青年期の男女 […]

おんなのじかん
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

9.「この人の子どもを産みたいと思った」

 いまから二十年ほど前、ある女優が結婚会見で語っていた。  当時まだ二十歳そこそこだった私は、きもちわるっ!  […]

MAIL MAGAZINE

9

20

(Fri)

今週のメルマガ

初公開! 天童荒太さんの創作の舞台裏(No.785)

  2018.9.20配信 HTMLメールを表示出来ない方は こちら 9月20日更新第2回 徴兵令に […]

「考える人」から生まれた本

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

考える人とはとは

何かについて考え、それが「わかる」とはどういうことでしょうか。

「わかる」のが当然だった時代は終わり、平成も終わり、現在は「わからない」が当然な時代です。わからないことを前提として、自分なりの考え方を模索するしかありません。

わかるとは、いわば自分の外側にあるものを、自分の尺度に照らして新しく再構成していくこと。

"Plain living, high thinking"(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)*を編集理念に、Webメディア「考える人」は、わかりたい読者に向けて、知の楽しみにあふれたコンテンツをお届けします。

*産業革命後に急速な都市化が進むロンドンで、イギリスの詩人ワーズワースが書き遺した言葉。

 

 

「考える人」編集長
松村 正樹