シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

「くらし」一覧

考える猫のその日暮らし
  • くらし
  • イラスト

在宅勤務 2

おかしなまち、おかしなたび 続・地元菓子
  • たべる
  • くらし
  • エッセイ

雨の海峡と赤巻

鹿児島県長島

 長島は熊本から鹿児島にかけて連なる天草諸島のひとつで、島々のいちばん南にあって、天草と九州本土を橋でつなぐ島である。長島へは天草上島、下島と車で旅しながら南下……

斎藤環×與那覇潤『心を病んだらいけないの? うつ病社会の処方箋』刊行記念特別企画
  • こころ
  • くらし
  • 対談

「コミュ力」が高い人は「共感力」が低い?

「発達障害バブル」を考える 與那覇 「時代を象徴する病」であるかのように、この十年間で一気に注目度が上がったメンタルの病気は発達障害ですね。「アスペ」(アスペル……

山と食欲と私 日々野鮎美の山歩き日誌
  • くらし
  • こころ
  • ルポ

愛宕山の総本宮へお参り!

みなさま、こんにちは! 日々野鮎美(27歳 会社員)です。  わたくし、”山ガール”ならぬ”単独登山女子”なんて名乗っていますが、要するに人見知りです……(?!)。 (私の詳……

考える猫のその日暮らし
  • くらし
  • イラスト

在宅勤務 1

おんなのじかん
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

17.コレガ、サビシサ

 コロナウイルスの影響で『テラスハウス』の撮影が休止になってしまった。  なんでじゃ! テラスハウスの中でみんなで自粛してればええやんけ! 撮影スタッフが入るの……

おんなのじかん
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

16.ばらを見にいく

 昨日(編集部註・2020年4月10日金曜日)、愛知県にも県独自の緊急事態宣言が出された。  この二か月ぐらいずっとざわざわした気持ちで暮らしていた。東京のタクシー会社……

カラスの悪だくみ
  • 自然
  • くらし
  • エッセイ

番外編 もし東京から人間が消えたら(後編……

(前編はこちら) 双眼鏡とカメラを持ち、まずはおなじみのハシブトガラスがいるところへ。仮に「鉄塔ペア」としておこう。このペアは毎年、住宅地のド真ん中にそびえる送……

カラスの悪だくみ
  • 自然
  • くらし
  • エッセイ

番外編 もし東京から人間が消えたら(前編……

Covid-19の感染拡大を防ぐため、世界各地で外出の禁止、あるいは自粛が行われている。普段出歩いている人間がいなくなる、少なくとも極端に減る、ということだ。これは社会……

考える猫のその日暮らし
  • くらし
  • イラスト

緊急事態宣言

おかしなまち、おかしなたび 続・地元菓子
  • たべる
  • くらし
  • エッセイ

焼き米とほとぎ

広島県庄原

 たしかそのときも広島の山間部で買ったのだが、焼き米という加工食品を数年前にカナダでキャンプ生活をした際に食べたことがある。むろん現地でも食材は手に入るのだが、……

小さい午餐
  • たべる
  • くらし
  • ことば
  • エッセイ

ディストピア、ブリトーとビーフンとピザ

  4月、子供がしばらくずっと家にいることとなった。それはいい。とてもいい。いま子供に集団生活をさせるのは不安だ。広島もどんどん新型コロナウイルスの感染者が増えて……

おんなのじかん
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

15.流産あるあるすごく言いたい

 妊娠中、性欲がぱたりとなくなった、という人の話を聞いたことがある。  それまで毎日のように大量摂取していたやおい本にもまったく食指が動かず、長すぎる賢者タイム……

考える猫のその日暮らし
  • くらし
  • イラスト

猫の効用

山と食欲と私 日々野鮎美の山歩き日誌
  • くらし
  • こころ
  • ルポ

テーブルマウンテン、苗場山で初心に戻る!

みなさま、こんにちは! 日々野鮎美(27歳 会社員)です。  わたくし、”山ガール”ならぬ”単独登山女子”なんて名乗っていますが、要するに人見知りです……(?!)。 (私の詳……

おかしなまち、おかしなたび 続・地元菓子
  • たべる
  • くらし
  • エッセイ

冬のミル金

岡山県岡山

 その日は岡山で少し時間があったので、十年ほど前に一度訪れた、街の中心部に行ってみることにした。岡山の街は街路が碁盤目状に整備されていて、おおまかな目印と方向を……

おんなのじかん
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

14.妊婦はそんなことを言っちゃいけませ……

 「あー、しんど。やっぱりやめておけばよかったな」  二人目の子どもを妊娠中のときに、突き出たおなかをさすりながらぽろりと叔母が漏らした言葉だ。  当時、まだ二十……

考える猫のその日暮らし
  • くらし
  • イラスト

わかった!

小さい午餐
  • たべる
  • くらし
  • ことば
  • エッセイ

イギリスでサンドイッチと機内食

 2月にイギリスにいった。初めてのイギリス、文学など日本文化を紹介するイベントに参加するためだ。コロナウィルスの件があってどうなるか心配だったが中止という話はな……

にがにが日記―人生はにがいのだ。
  • くらし
  • ことば
  • エッセイ

第13回 2020年3月18日

(登場人物一覧はこちら) 3月18日(水)  いろんなひとと飲んでるといろんな話を聞けてとてもおもしろい。  先日『ヤンキーと地元』という素晴らしいエスノグラフィを出版……

山と食欲と私 日々野鮎美の山歩き日誌
  • くらし
  • こころ
  • ルポ

鹿児島へ! 半島を一望できる開聞岳へ

みなさま、こんにちは! 日々野鮎美(27歳 会社員)です。  わたくし、”山ガール”ならぬ”単独登山女子”なんて名乗っていますが、要するに人見知りです……(?!)。 (私の詳……

菅付雅信×山本貴光「AIを魔術化しないために」
  • くらし
  • ことば
  • 対談

後編 コンピューターに田舎道を歩かせるこ……

(前回はこちら) AIの「権内」と「権外」 菅付 先ほども話に出ましたが、AI 肯定論者には果てしない全能感があります。本の中にも書いたエピソードで、レイ・カーツワイ……

菅付雅信×山本貴光「AIを魔術化しないために」
  • くらし
  • ことば
  • 対談

前編 アルゴリズム・リテラシーを高めよ

『動物と機械から離れて AIが変える世界と人間の未来』刊行記念対談

山本 『動物と機械から離れて』は、数あるAIに関する本の中で、あまり類のない一冊です。アメリカだけでなく、中国やロシアまで、多くのAI研究者らを訪ね歩き、彼らの楽観……

おかしなまち、おかしなたび 続・地元菓子
  • たべる
  • くらし
  • エッセイ

素焼きの型で作る、華やかな花もち

島根県松江

 ひな祭りもまた、端午の節句と並ぶ桃の節句として、季節になるとさまざまな祝い菓子が作られる。はぜたお米に色づけした砂糖をかけたひなあられがもっとも一般的だが、地……

MAIL MAGAZINE

「考える人」から生まれた本

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

考える人とはとは

何かについて考え、それが「わかる」とはどういうことでしょうか。

「わかる」のが当然だった時代は終わり、平成も終わり、現在は「わからない」が当然な時代です。わからないことを前提として、自分なりの考え方を模索するしかありません。

わかるとは、いわば自分の外側にあるものを、自分の尺度に照らして新しく再構成していくこと。

"Plain living, high thinking"(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)*を編集理念に、Webメディア「考える人」は、わかりたい読者に向けて、知の楽しみにあふれたコンテンツをお届けします。

*産業革命後に急速な都市化が進むロンドンで、イギリスの詩人ワーズワースが書き遺した言葉。

 

 

「考える人」編集長
松村 正樹

  • 津野海太郎「最後の読書」読売文学賞受賞


ランキング

「考える人」から生まれた本


  • ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号第6091713号)です。ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら