シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

「生き方」一覧

お坊さんらしく、ない。
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

十三、ゼロ思考――万事を休息せよ

 いつの頃から言われ始めたのか知らないが、私がどうしても苦手で馴染めない言葉に「プラス思考」というものがある。これをやたら連発するのは、多くの場合中年以上の男で……

お坊さんらしく、ない。
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

十二、住職の地獄耳

 かれこれで30年余、住職などしていると、忘れがたい人や出来事、言葉などがあるものだ。中でも、思わぬところで、思わぬ時に聞いた言葉は、インパクト絶大である。   「……

よりみち日記2
  • こころ
  • くらし
  • イラスト
  • エッセイ

24.ちば先生との再会

お坊さんらしく、ない。
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

十一、「コミュ力」に必要な本当のこと

 何度もあちこちで書いたり話したりしたことだが、私は人生最初の記憶が小児喘息の発作で、絶息状態になって目の前が真っ赤になるという、実に筋金入りの虚弱児である。 ……

よりみち日記2
  • こころ
  • くらし
  • イラスト
  • エッセイ

23.LIFE IS VERY SHOR……

村井さんちの生活
  • くらし
  • こころ
  • エッセイ

少しずつ、でも確実に変わりゆく日々

 デイサービスが苦痛だと義父に訴えられ、苦肉の策で正月明けからお休みして、しばらく経過した。しっかり休んで自宅での自由時間を満喫した義父は、再びチャレンジする気……

serialization_sahanamako_6B_220215
  • くらし
  • こころ
  • ルポ

第6回 美城れん(後篇) 嘘がないお芝居……

(前回の記事へ) ボンバーヘアー未遂事件  2014年の星組公演「The Lost Glory」は、美城さんが専科生となって2つ目の出演作だった。長年所属した組だが専科から公演に加……

serialization_sahanamako_6A_220215
  • くらし
  • こころ
  • ルポ

第6回 美城れん(前篇) 私の努力は、誰……

芸とユーモアの人  宝塚歌劇団には、花月雪星宙という5つの組の他に、「専科」という生徒の集団がある。専科生は各組へ特別出演して、重厚な演技が必要とされる年長の役……

よりみち日記2
  • こころ
  • くらし
  • イラスト
  • エッセイ

22.ネタ作りの日々

お坊さんらしく、ない。
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

十、禅と宇宙

 先般、『東洋経済』という経済誌から対談の依頼があった。  「誰と対談するんですか?」  すると編集者が、  「いや、まず南さんに受けていただいて……」  「はあ……」  ……

五木寛之×碧海寿広「私たちはなぜ親鸞に魅了されるのか」
  • こころ
  • くらし
  • 対談

私たちはなぜ親鸞に魅了されるのか

『私の親鸞』&『考える親鸞』刊行記念対談

もうひとつの『坂の上の雲』 五木 碧海さんがお書きになった『考える親鸞 「私は間違っている」から始まる思想』を興味ぶかく読ませていただきました。たまたまですが、……

よりみち日記2
  • こころ
  • くらし
  • イラスト
  • エッセイ

21.ちば先生のトークショー

お坊さんらしく、ない。
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

九、「親ガチャ」をゆるせないか

「親ガチャって、知ってるか?」  と知人が言った。 「よく知らんがオモチャだろ」  確か、お金を入れて、ハンドルを回すとオモチャが出てくる遊びで、街のところどころ……

たいせつな本 ―とっておきの10冊―
  • こころ
  • まなぶ
  • エッセイ

知識ゼロから聖書に親しむための10冊

(13)作家で英訳者・清涼院流水の10冊

 1996年、京都大学在学中に『コズミック』で第2回メフィスト賞を受賞しミステリー作家としてデビューした時、私の聖書知識は、ほぼゼロでした。自分が将来、クリスチャン……

よりみち日記2
  • こころ
  • くらし
  • イラスト
  • エッセイ

20.ラストスパート

お坊さんらしく、ない。
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

八、修行道場の怪獣

 修行道場というのは、毎日、毎月、毎年、することが決まっている上に、何をするにも作法や手順まで定まっていて、ほぼ完全な「ルーティンライフ」の日々である。  する……

よりみち日記2
  • こころ
  • くらし
  • イラスト
  • エッセイ

19.うでのケガ

村井さんちの生活
  • くらし
  • こころ
  • エッセイ

大晦日の税込み税抜き大激論、その意外な結……

(前回の記事を読む)  私にとって悪夢のような行事。それはわが家の年越しイベントだった。なぜだかわからないけれど、義理の両親が大晦日からわが家に泊まり込んで正月……

没イチ、カンボジアでパン屋はじめます!
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

28. コロナに翻弄されたけれど、これか……

チャンティの両親がやって来た  ある時、スタッフのチャンティの両親が田舎から、娘の様子を見にやってくることになった。乗合ミニバンを乗り継ぎ、プノンペンまで3時間……

お坊さんらしく、ない。
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

七、後ろ向き人生訓

 恐山にいると、地元の学校などから、学習や行事に協力するよう求められることがある。  先だっても、知り合いの先生から電話があって、 「〈総合学習〉の一環で、恐山を……

よりみち日記2
  • こころ
  • くらし
  • イラスト
  • エッセイ

18. 今沢さんのことば

村井さんちの生活
  • くらし
  • こころ
  • エッセイ

税込みと税抜き、どちらになさいますか?

 義理の両親の介護がはじまって、はや三年。私も夫も、義父の体調の悪化と、義母の認知症の進行に全く気づくことができず、一体なにが起きているのかと首をひねるばかりだ……

碧海寿広『考える親鸞 「私は間違っている」から始まる思想』試し読み
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

なぜ親鸞は、人気なのか?

碧海寿広『考える親鸞』 2021/10/27 公式HPはこちら。 親鸞の人気の理由  なぜ、親鸞は人気なのか。一つの理由として、真宗が日本で広範に普及したことがあるだろう。日本……

icon_serialization_sahanamako_05B_211022
  • くらし
  • こころ
  • ルポ

第5回 風馬翔(後篇) この人生で、踊り……

(前回の記事へ) 日本の踊りを見に行こう  私は宝塚に在団中、こんな話を聞いた。「この前退団した風(ふう)馬(ま)翔(かける)くんって、全国を回って日本の踊りを勉強して……

MAIL MAGAZINE

「考える人」から生まれた本

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき
  •  

考える人とはとは

 はじめまして。2021年2月1日よりウェブマガジン「考える人」の編集長をつとめることになりました、金寿煥と申します。いつもサイトにお立ち寄りいただきありがとうございます。
「考える人」との縁は、2002年の雑誌創刊まで遡ります。その前年、入社以来所属していた写真週刊誌が休刊となり、社内における進路があやふやとなっていた私は、2002年1月に部署異動を命じられ、創刊スタッフとして「考える人」の編集に携わることになりました。とはいえ、まだまだ駆け出しの入社3年目。「考える」どころか、右も左もわかりません。慌ただしく立ち働く諸先輩方の邪魔にならぬよう、ただただ気配を殺していました。
どうして自分が「考える人」なんだろう――。
手持ち無沙汰であった以上に、居心地の悪さを感じたのは、「考える人」というその“屋号”です。口はばったいというか、柄じゃないというか。どう見ても「1勝9敗」で名前負け。そんな自分にはたして何ができるというのだろうか――手を動かす前に、そんなことばかり考えていたように記憶しています。
それから19年が経ち、何の因果か編集長に就任。それなりに経験を積んだとはいえ、まだまだ「考える人」という四文字に重みを感じる自分がいます。
それだけ大きな“屋号”なのでしょう。この19年でどれだけ時代が変化しても、創刊時に標榜した「"Plain living, high thinking"(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)」という編集理念は色褪せないどころか、ますますその必要性を増しているように感じています。相手にとって不足なし。胸を借りるつもりで、その任にあたりたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

「考える人」編集長
金寿煥


ランキング

「考える人」から生まれた本


  • ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号第6091713号)です。ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら