考える人

シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

「こころ」一覧

おかぽん先生青春記
  • 思い出すこと
  • こころ
  • エッセイ

シーガル先生の呪い

 俺のいたメリーランド大学心理学研究科では、社会心理学か産業心理学かどちらかを履修せねばならなかった。社会心理 […]

インドの神話世界
  • まなぶ
  • こころ
  • 評論

11 ゲーム「パズドラ」のインドラとヴリ……

 人気のゲーム「パズドラ」(パズル&ドラゴンズ、ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社)にはたくさん […]

カラスの悪だくみ
  • 自然
  • こころ
  • まなぶ
  • エッセイ

第22回 街の人気者、カササギ

学会のため博多に行った時のこと。 無事に学会が終わって、京都に戻る前にどうしても寄りたいところがあった。佐賀県 […]

インドの神話世界
  • まなぶ
  • こころ
  • 評論

10 サンスクリット語のはなし3

 前回に引き続き、サンスクリット語の魅力をお伝えしたいと思います。今回は文法について、少し詳しく見てみましょう […]

デモクラシーと芸術
  • こころ
  • まなぶ
  • 評論

第3回 名曲を生んだモーツァルトの「抵抗……

18世紀末の音楽家の地位  教会から劇場へという音楽の空間移動が、音楽家は誰のために作曲活動をするのか、という […]

カラスの悪だくみ
  • 自然
  • こころ
  • まなぶ
  • エッセイ

第21回 不思議の国のドードー

京都大学のすぐそば、百万遍交差点から少し北に行ったところに、「ミック」という、(京大生の間では)伝説的なバーが […]

御つくりおき――京都のひととモノとのつきあいかた――
  • くらし
  • こころ
  • エッセイ

22 帽子、鞄、靴。ブランドでは手に入ら……

 ハゲにとって帽子は髪です。ただのハゲ隠しではありません。個人的にはいい歳してレゴの人形みたいにみっちり頭髪が […]

おかぽん先生青春記
  • 思い出すこと
  • こころ
  • エッセイ

アフリカ砂ヘビの脳

 俺はメリーランド大学カレッジパーク校に大学院生として1983年の夏から5年半ほど留学していた。最初の3年ほど […]

インドの神話世界
  • まなぶ
  • こころ
  • 評論

9 サンスクリット語のはなし2

前回に引き続き、今回もサンスクリット語のはなしをしていきたいと思います。今回はとくに、現代におけるサンスクリッ […]

カラスの悪だくみ
  • 自然
  • こころ
  • まなぶ
  • エッセイ

第20回 深淵にして親愛なる黒

黒。考えてみれば不思議な色である。 黒はごくベーシックな色、いわば基本色だ。服でも携帯でも車でも、カラーバリエ […]

デモクラシーと芸術
  • こころ
  • まなぶ
  • 評論

第2回 ハイドンのミサ曲はなぜオペラ化し……

定義の議論は避ける  「芸術とは何か」、「芸術家とは誰なのか」という難問が控えていることは確かに気になるところ […]

カラスの悪だくみ
  • 自然
  • こころ
  • まなぶ
  • エッセイ

第19回 センス・オブ・アート

や、自分が発揮するわけではない。同僚である展示デザイナーのコンセプトとかアイディアが、美的センスに貫かれている […]

おかぽん先生青春記
  • 思い出すこと
  • こころ
  • エッセイ

研究室での暮らし

 米国メリーランド大学の大学院生の暮らしは概ね地味である。講義はきちんと履修せねばならない。1科目でもDがつく […]

インドの神話世界
  • まなぶ
  • こころ
  • 評論

8 サンスクリット語のはなし1

 みなさんはサンスクリット語と聞くと、どのようなイメージを持たれるでしょうか。「インドの古典語」、「西洋のラテ […]

カラスの悪だくみ
  • 自然
  • こころ
  • まなぶ
  • エッセイ

第18回 恐竜に出会う方法

40年前がどんな世界だったか、覚えているだろうか。私の実家の前の道が舗装されてから数年。テレビ(まだチャンネル […]

インドの神話世界
  • まなぶ
  • こころ
  • 評論

7 神話学からみる『バーフバリ』5

 バーフバリについて、神話から考察を続けてきましたが、その締めくくりとして、男性の登場人物に注目していきたいと […]

デモクラシーと芸術
  • こころ
  • まなぶ
  • 評論

第1回 芸術からレジームを読む

芸術と社会体制  読者にある程度の見通しを持っていただくために、この連載のねらいと、始めることになったきっかけ […]

カラスの悪だくみ
  • 自然
  • こころ
  • まなぶ
  • エッセイ

第17回 フクロウ、平たい顔の秘密

昔々、染物屋のフクロウのところにカラスがやって来ました。カラスはああでもない、こうでもないといろんな注文をし、 […]

インドの神話世界
  • まなぶ
  • こころ
  • 評論

6 神話学からみる『バーフバリ』4

 インド映画『バーフバリ』には、実は豊かに古代の叙事詩のモチーフが表現されていることが、前回までのお話で明らか […]

おかぽん先生青春記
  • 思い出すこと
  • こころ
  • エッセイ

研究の始まりと異国の初恋

 メリーランド大学附属英語学校をなんとか卒業した僕は、心理学研究科の修士の学生としてボブの研究室で研究を始めた […]

カラスの悪だくみ
  • 自然
  • こころ
  • まなぶ
  • エッセイ

第16回 なんでも食ってやろう

年末、実家に帰省すると、母親に「何からやる?」と聞く。答えは毎年、「そやなあ、昆布巻きかなあ」である。かくして […]

インドの神話世界
  • まなぶ
  • こころ
  • 評論

5 神話学からみる『バーフバリ』3

 前回は、マヒシュマティ王国の王権を掌握するシヴァガミと、神話の王権の女神との関連について取り上げてきました。 […]

インドの神話世界
  • まなぶ
  • こころ
  • 評論

4 神話学からみる『バーフバリ』2

 今回は、前回に引き続き、映画『バーフバリ』の神話的な読み解きを進めましょう。 (以下、映画『バーフバリ』に関 […]

カラスの悪だくみ
  • 自然
  • こころ
  • まなぶ
  • エッセイ

第15回 鳥を導くもの

この連載の担当編集者と2度目の飲……もとい、打ち合わせに出向いた時のことである。 場所は千駄木だったのだが、私 […]

MAIL MAGAZINE

7

12

(Thu)

今週のメルマガ

岡田利規作・演出の『NO THEATER』を観た! 惚れた! (No.776)

7月12日更新 Vol.10 学びの円環 ドミニク・チェン 7月10日更新 夢見るサルレーダー 松原始 7月9 […]

「考える人」から生まれた本

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

考える人とはとは

何かについて考え、それが「わかる」とはどういうことでしょうか。

「わかる」のが当然だった時代は終わり、平成も終わり、現在は「わからない」が当然な時代です。わからないことを前提として、自分なりの考え方を模索するしかありません。

わかるとは、いわば自分の外側にあるものを、自分の尺度に照らして新しく再構成していくこと。

“Plain living, high thinking”(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)*を編集理念に、Webメディア「考える人」は、わかりたい読者に向けて、知の楽しみにあふれたコンテンツをお届けします。

*産業革命後に急速な都市化が進むロンドンで、イギリスの詩人ワーズワースが書き遺した言葉。

 

 

「考える人」編集長
松村 正樹