考える人

シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

「くらし」一覧

考える猫のその日暮らし
  • くらし
  • 自然
  • イラスト

本能

安田菜津紀の写真日記
  • くらし
  • 世の中のうごき
  • エッセイ

素敵な大人とはなんだろう

 ラジオなどを通してニュースにかかわる仕事をしていることもあり、とりわけこの1カ月、あまりに慌ただしく、揺さぶ […]

村井さんちの生活
  • くらし
  • からだ
  • エッセイ

心臓へたっちゃってますけど大丈夫 その2

(前回の記事へ) DAY 2&3 検査と暇つぶしの週末  病院の朝は早い。六時前に、ヘッドボードに取り付けられ […]

にがにが日記―人生はにがいのだ。
  • くらし
  • ことば
  • エッセイ

第4回 2018年3月25日〜4月19日

(登場人物一覧はこちら) 3月25日(日)  おさい先生は独学でスペイン語がペラペラになっていて、何度かメキシ […]

考える猫のその日暮らし
  • くらし
  • イラスト

お外に出たら……

安田菜津紀の写真日記
  • くらし
  • 世の中のうごき
  • エッセイ

「日本に行きたい」というシリアの友人に

 4月14日、アメリカ、フランス、イギリスがシリアへの空爆に踏み切った。あの日からずっと、言葉にならない感情が […]

村井さんちの生活
  • くらし
  • からだ
  • エッセイ

心臓へたっちゃってますけど大丈夫 その1

(前回の記事へ) プロローグ  滋賀医科大学医学部附属病院心臓血管外科。  前回心不全で入院した病院の主治医か […]

考える猫のその日暮らし
  • くらし
  • イラスト

春だから

にがにが日記―人生はにがいのだ。
  • くらし
  • ことば
  • エッセイ

第3回 2018年2月23日〜3月20日

(登場人物一覧はこちら) 2月23日(金)  業務連絡。村井理子さん、おさい先生が「ぎゅうぎゅう焼き」すっごい […]

考える猫のその日暮らし
  • くらし
  • イラスト

花より……

御つくりおき――京都のひととモノとのつきあいかた――
  • くらし
  • エッセイ

11 40年来のお付き合い。知恩院前「一……

 改めて指折り数えてみると、なんだか怖くなる。たぶん「一澤帆布」さんは、わたしが一番長くお付き合いさせてもらっ […]

村井さんちの生活
  • くらし
  • からだ
  • エッセイ

突然の入院騒ぎ その4

(前回の記事へ) DAY 18 検査結果  昨日受けた、カテーテル検査の結果を繰り返し思い出していた。  「血 […]

にがにが日記―人生はにがいのだ。
  • くらし
  • ことば
  • エッセイ

第2回 2018年2月10日〜2月22日

(登場人物一覧はこちら) 2月10日(土)  日記を書くちょうどよいペースがわからない。『新潮』3月号のリレー […]

安田菜津紀の写真日記
  • くらし
  • ルポ

震災から7年 「明るい話題を」に思うこと

 東日本大震災から間もなく7年という月日が経とうとしている。「東北の報道をするなら明るい話題を」「前向きなニュ […]

村井さんちの生活
  • くらし
  • からだ
  • エッセイ

突然の入院騒ぎ その3

(前回の記事へ) DAY 14 涙の訴え  朝一番の巡回で、看護師さんが「気分はどう?」と聞いた時、待ってまし […]

安田菜津紀の写真日記
  • 世の中のうごき
  • くらし
  • ルポ

沈黙ではない道を選ぶ

 静まり返った小路に、時折遠くから爆発音が鋭く響いてくる。爽やかな晴れの日の午後に不釣り合いな緊張感が、街を覆 […]

にがにが日記―人生はにがいのだ。
  • くらし
  • ことば
  • エッセイ

第1回 2018年1月15日〜2月7日

登場する家族 きし(私、俺) 岸政彦。社会学者。立命館大学先端研教授。打たれ弱い。 おさい 連れあいの齋藤直子 […]

村井さんちの生活
  • くらし
  • からだ
  • エッセイ

突然の入院騒ぎ その2

(前回の記事へ) DAY 8 経食道心エコー検査  症状が安定したため、24時間の点滴と心電図が外れた。一気に […]

考える猫のその日暮らし
  • くらし
  • イラスト

オンオフ

村井さんちの生活
  • からだ
  • くらし
  • エッセイ

突然の入院騒ぎ その1

DAY 1 息ができない  歩いているだけで息が切れてしまい、愛犬ハリーの散歩に行くことが出来なくなって三日目 […]

考える猫のその日暮らし
  • くらし
  • イラスト

泡、かんさつ中。

安田菜津紀の写真日記
  • くらし
  • 世の中のうごき
  • ルポ

人間である限り、争いはなくならないのか

 上越から東京への帰り道。どこまで南下しても真っ白に染まった景色が広がり、今自分がどこにいるのかわからなくなる […]

AI時代を生き延びる、たったひとつの冴えたやり方
  • しごと
  • くらし
  • 世の中のうごき
  • 評論

起業の人材育成、初めの一歩

 私は、企業が主催する講演会に呼ばれて、AI時代の人材育成について語ることが多いのだが、その際、まずは、「自動 […]

村井さんちの生活
  • ことば
  • くらし
  • エッセイ

元旦、道路に寝転んで

 今年こそ、絶対に十分な休息を取ると決めていた年末年始だったけれど、やはり今年もドタバタと年を越してしまい、気 […]

MAIL MAGAZINE

9

20

(Fri)

今週のメルマガ

初公開! 天童荒太さんの創作の舞台裏(No.785)

  2018.9.20配信 HTMLメールを表示出来ない方は こちら 9月20日更新第2回 徴兵令に […]

「考える人」から生まれた本

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

考える人とはとは

何かについて考え、それが「わかる」とはどういうことでしょうか。

「わかる」のが当然だった時代は終わり、平成も終わり、現在は「わからない」が当然な時代です。わからないことを前提として、自分なりの考え方を模索するしかありません。

わかるとは、いわば自分の外側にあるものを、自分の尺度に照らして新しく再構成していくこと。

"Plain living, high thinking"(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)*を編集理念に、Webメディア「考える人」は、わかりたい読者に向けて、知の楽しみにあふれたコンテンツをお届けします。

*産業革命後に急速な都市化が進むロンドンで、イギリスの詩人ワーズワースが書き遺した言葉。

 

 

「考える人」編集長
松村 正樹

  • 津野海太郎「最後の読書」読売文学賞受賞


ランキング


  • ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号第6091713号)です。ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら